2012年08月01日

エンドレスバトル

 昨日の夜、久しぶりにゼルダに再会した。
 といわけで、今日もダラダラ書きま〜す(^^;

 前回のブログで、「ゼルダの伝説スカイウォードソード」を再開したっぽいコトを書いたのだが、全然進まなかった。
 その原因は、息子がゲームを進める以外のコトに興味があったせい&私が気乗りしてなかったせい。

 息子は、砂漠行ったり、火山行ったり、空で宝箱開けまくったり、とにかくウロウロ。

 バドに会いに行くと、行きたい場所にマシンで飛ばしてくれると言われ、選んだ行先はラネール渓谷。

 そこでは雷竜さまが待っていた。
 話しかけると、何と、過去に倒したボスたちとバトルしたり、サイレンに再チャレンジしたり、大変な思いをしてクリアしたヤツをおさらいさせてくれると言う。

 べらぼうに強い盾を景品にくれると言われてるが、実はまだもらえてはない。
 連勝しなくてはいけないようだが、正直厳しい。

 サイレンやってみたいなと、ちょっと思ったりもしたが、息子が選んだのはバトル。
 ベラ・ダーマやモルドガット、ギラヒムらとのバトルを、手こずりながらも楽しんでいた。

 が、勝ったり負けたりで、ルピーがもらえたりしただけ…、いつ、べらぼうに強い盾とやらがゲットできるのか…。
 気づけば、我が家のWiiでは「どうぶつの森」が始まっていた。

 平和だ。
 どうぶつの森の世界は、実に平和だ。
 オープニングのBGMだけで心いやされる。

 そうして、昨日の朝まではずーっと「どうぶつの森」だった。
 夕方も、「さぁ、どうぶつの森、がんばるぞー」と息子。

 どうぶつの森で遊んでて構わないけどねと思いながら「ゼルダもそろそろがんばらないといけないよね」なんてボソッと言ってみた。

 すると
 「よし、じゃぁ、ゼルダをガンバロウ!!」

 …え?ゼルダ、やるの?

 そうして、いつものごとく、操作を忘れ気味に始まったゼルダの伝説だった。

 空の塔に戻ると、マップ(部屋の配置)が変わっていたので焦った(初期値にリセット?)。
CA395121.JPG
 やばい、石板の並び替え、できるかな…。

 ちょっと不安だったけど、行きたい場所は1つ。
 石板の並べ替え、超簡単。

 「弓矢のボコブリンがいるところ、ママがやってよ」
 そう言われて、最初は私担当。

 気合いを入れたものの、久しぶりに操作したら、弓矢をなかなか放てず…。
 せっかく弓矢をセットしても、間違った操作で解除しちゃうという何やってんだよ状態。

 下手くそさに磨きがかかるばかりの私です。

 でも、下手くそでも、ギュギューっと的を絞る感じとか、矢を射る感じとか、弓矢はとっても気持ちいい♪
 何といっても、接近戦の剣より、近づかずに敵を倒せるという点が◎、私向き♪

 続いて、前回、前前回にゲームオーバーになった部屋。

 ここは、やっぱり息子の出番。

 うざったいゾンビボコブリン(くされボコブリンって呼ぶんだって)を倒し、バック転で二刀流ガイコツの攻撃をかわしながら、剣で斬り付ける。
 これを繰り返し、今回はめでたく勝利!
 おめでとうございまーす!

 …それにしても、自分も攻撃しながら、バック転で相手の攻撃をかわすって、スゴイよね。感心する。
 バック転のやり方が分からないわけじゃないけど、私には無理…。
 反射神経ないし、2つのことに対処できない私の頭の中は、きっと完全なるシングルタスクなんだと思う。

 さて、二刀流ガイコツを倒し、3つ目のトライフォースをゲット。
CA395121.JPG
 これで物語が大きく動いたらしく、美しくドラマチックなムービー再生。

 眠っていたゼルダに再会し、息子は照れたようにニマニマしながら拍手。
 私も、「いやぁ、めでたい、めでたい」と美しいムービーに心穏やかになっていたのだが、そこへギラヒム様いらっしゃーい。

 ゼルダをさらわれ、追いたくないけど追いかけるはめに…。
 まだ操作感も取り戻していないっていうのに、展開が早すぎて、気分が落ちる。
 ぁぁぁあぁぁぁ……(泣)

 過去の封印の地で、ギラヒム様に召喚された大量のボコブリン達を相手に、息子がひたすらに斬る、斬る、斬りまくる。その様子は、Wiiスポーツリゾートのチャンバラ(組み手)に似てる。

 ギラヒム様にたどり着くには、雑魚キャラ達を倒して先に進まなくてはいけないのだが、赤や青のボコブリンが虫が湧くように次々と襲ってくるし、モリブリンやら二刀流のガイコツやらも登場するし、雑魚と分類はするものの、数の多さが半端なくて、これはこれでしんどい。
 せっかく装備してきたクスリも使いきっちゃった。

 …1体も倒してない私が「しんどい」とか言うなってね(^^;

 何とかギラヒム様のところまで到着すると、「早すぎなんだ」とギラヒム様が怒り心頭のご様子。
 これまでの細身白タイツ姿から、ちょっとごつい系の茶色い兄ちゃんに変身してしまった。

 その姿を見た息子が
 「ファイのお兄ちゃん?」

 同じ顔だもんね。
 子どもが見ても、同種だって分かるよね。

 「ファイはリンクの剣の妖精さん(精霊って言っても分からないだろうから)で、ギラヒムは魔王の剣の妖精さんなんだってさ」

 姿の変わったギラヒム様とバトル開始。

 素手のギラヒム様を斬りつけて少しずつ押し出す形で、足場(空中)から下の階層へと落とすこと3回。

 地上まで降りると、怒りの増したギラヒム様が剣を持つ。

 この時点でこちらのハートは残りわずか2個。
 2個でバトルって、「ワイルドだろぉ(スギちゃん風)」

 いやいや、無謀だろぉ(^^;
 どう頑張っても無理。
 頑張るだけ無駄ってヤツ。

 さほど時間もかからずゲームオーバーとなったのだが、息子は諦めない、ヘコタレナイ。
 グズグズにもならず再チャレンジを繰り返す。
 感心はするが、何度も何度もゲームオーバーで、正直見てるこっちが疲れちゃった、飽きちゃった(ゴメン)。

 それでも、ここまで進んだのは息子が頑張ったおかげなので、息子が「つづける」を選択する以上、ギラヒム戦を続けるしかない。
 私から「やめろ」とは言えない。
 とは言っても、このままでは、このギラヒム戦がエンドレスになってしまう。

 1回やめて、ハートを回復させたいし、クスリも装備したい。
 1回やめたら、また、わらわらと湧くボコブリン達の相手から始めなきゃいけないんだろうなと思うと気が遠くはなるが、もうちょっとハートが残っている状態でギラヒム戦に挑まないことには先が見えない。

 あぁ、毎日暑いけど、涼しくなる前に「ゼルダの伝説」はクリアできるのかなぁ。
 あぁそうか、涼しくなってからやった方が効率的なのかなぁ。
 あぁ、この分だとゼルダを始めてから1年経っちゃうなぁ…って、1年過ぎる可能性大?
 あぁ、何とかしなくっちゃです!
posted by KON at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。