2012年10月12日

ありがとう

 息子が「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」で遊んでいる。
 先ほど、パチンコをゲットした。

 パチンコ?…今さら?

 そう、パチンコ。
 なぜなら、2日前についにゲームをクリアして、辛口モードで再スタートしたから。

 「鳥のゼルダ、やっていい?」
 そう言って、登園前の息子が久しぶりに「スカイウォードソード」を始めたのが、2日前(朝)のことだった。

 「支度しなくちゃいけないし、園バス来るし、あんまり時間ないよ」
 時計が気になりながらも、「せいぜい頑張ってくれたまえ」と内心思っていた私。

 少し経ってからテレビをのぞいて見ると、のんびりと平和な音楽、平和な画面。
 魔王様のところへ向かっている様子はなし。

 やっぱりね…そう思っていたのだが。

 「ママ、Reiくん、今どこにいると思う?」

 「さぁねぇ、どこだろうかねぇ」

 「ジャーン、最後のボスのところでーす」

 おおぉっ!
 やる気になった、ボス戦!?

 「攻撃、当たってまーす。まだハート減ってませーん」と、得意げな息子の声。

 およよよよ、もう戦ってたのね。
 急ぎ、テレビの前へ座る。

 たしかにハートはしっかり残っている。
 魔王様に攻撃も当たっている様子だ。

 「あれ?今回もクスリは飲んでないの?」

 「うん。まだ飲んでない」

 へー、それにしちゃ、なかなかいい感じなんじゃない。

 余計な口出しをするつもりはないが、ただ、前回みたいな終わり方はイヤだな。
 勝てないまでも、登園前にグズグズにならないような終わり方をしてほしいものだがな…そんな風に思いながら見ていた。

ゼルダの伝説

 クスリがなくても、しばらく持ちこたえていたのだが、徐々に魔王様の攻撃をまともに食らう回数が増え、ハートが見る見る減り始め、とうとうヤバーイ状況に。
 ハートの残りが少ないよ!

 走りながらポーチの中のムテキンVを取り出す。
 急いで、急いで!

 背中から攻撃を受けて、無様に何度も吹き飛ばされ、ついにハートが残り1個!?

 やばい、やばすぎる(焦)

 クスリを飲む動作と同時に吹き飛ばされ、あー今回もこんな終わり方かぁ…そう思った次の瞬間、リンクがむくっと起き上がり、思わず「おぉ?」と声が出てしまった。
 間一髪、クスリが間に合った。

 すかさず、息子は回復の赤いクスリを取り出し、即効飲む!

 ハートがボコボコボコッと復活。
 キラキラキラァなエフェクトのかかったハートがずらずらっと並び、ほっと一息。
 あぁ、何て美しいハートだろう(〃^^〃)

ゼルダの伝説

 これでしばらくはダメージを受けない。
 ハラハラせずに見ていられる。

 途中、ファイから「盾の破損率拡大。要注意」という警告。
 「えー?盾がなくなったらヤバイじゃん」そう言いながら、盾の自動修復を待って逃げ回る息子。
 必死に走って息が切れるリンク。

 ダメージを受けないんだから、逃げずに攻撃をまともに食らってても良かったのではと思わなくもない。

 ダメージを受けないのなら盾で防御する必要がないのではとも思ったのだが、防御しないと『吹き飛ばされて立ち上がる』の繰り返しが増えて、時間がもったいないかもしれない。
 クスリの効果が切れる前に決着しなくちゃいけないんだから、無駄な時間は極力減らさねば。

ゼルダの伝説

 稲妻を剣に受けとめ、魔王様との攻防戦。

ゼルダの伝説

 何度か魔王様が倒れこみ、とどめのマークが表示されるも、なかなか、とどめをさすことができず、何とももどかしい。
 何度「とどめ!」と叫んだことか。

ゼルダの伝説

 ふと、「あれ?とどめってどうやるんだっけ??」…。
 息子にボス戦をまかせていたんでね、すっかり忘れてしまった私である。

 そして、ついに、ついに、とどめをさし、息子勝利!!

 「やった!」
 思わずガッツポーズ!

 が、「ママじゃないよ。Reiくんが倒したんだよ」と冷静な息子の一言に、握ったコブシが宙を泳ぐ。
 そんなこと言われなくたって分かってるっつーの…(--;

 魔王様を倒し、あとはエンディングに向けてのムービーに見入る。
 (エンディングのことを書いてしまうので、ゲーム進行中の人は読まないことを推奨)

 魔王様の剣がアップになって消滅するシーンで、ギラヒム様を思う。
 アップにしたのは、ギラヒム様へのレクイエム?

ゼルダの伝説

 封印される魔王様。
 その最後の言葉に、ゼルダの伝説は、これがすべての始まりなんだなと改めて思った。
 魔王様の怨念が何かしらの形でよみがえる時に、リンクやゼルダも、時代に呼ばれて転生し続ける。
 それが、色んな時代で「ゼルダの伝説」が生まれる理由。
 …任天堂さんも、うまく理由付けしたな(って、それを言っちゃつまらない)。

 使命を終えて長い眠りにつこうとするファイが言う。
 「あなたと旅した全ての記録はファイのなかで最も重要な情報として記録されています」
 「あなたと旅路を共にしたこの剣の中で…マスターソードの中で眠れる事に説明の出来ない思いを覚えています。おそらく、これが人の言う感情…喜びというものなのでしょう」と。

 本来、表情も感情も持たないファイ(何故、ギラヒム様はあんなに表情も感情も人間くさかったんだろう?)。
 ファイの静かな表情は最後まで変わることがなくても、思い出と一緒に眠れる事をうれしく思っているのだと、そして、これが別れなのだと思うと、朝から泣いた。

 最後のファイの言葉。
 「ありがとう」
 「いつかまた、あなたの魂と共に…」

ゼルダの伝説

 これから先のゼルダの物語の中でも、ファイはリンクと共にある剣として、何度も一緒にいたのかな。
 すべてのゲームの中にマスターソードが登場するかどうかは知らないけど、勇者リンクが誕生する時にはファイも目覚めていたのかな、目覚めを待っているのかな。
 そんな風に思うと、切ないな。

 「スカイウォードソード」、面白いよ。

 鈍くさい私と5才の息子のペアでクリア出来てしまったコトを考えれば、物足りないと思ったファンもいたのかもしれないけど、私は本当に楽しかった!
 私みたいに戦いに不向きな人も、誰か一緒に旅してくれる人がいたら、絶対楽しめる。間違いない!
 
 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」に出会えて良かった。遊べて良かった。
 息子は、ストーリーが理解できるようになってから、また遊ぶべし。(遊ばせるべし)

 他人に自分の好みを勧めるのは怖いが、恐れず言おう!
 オススメだ!
posted by KON at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

リカちゃん収納

 前回のブログでリンクの小物(ゼルダの伝説)を作っていると書いた。

 先週は、リカちゃん小物を作ってみた。

 小4の娘は人形大好き。
 ぬいぐるみ大好き。
 チマチマ細かい可愛いのが大好き。

 11月の誕生日プレゼントには、リカちゃん人形のお友だち(何でも、頭から泡が出る人形があるらしい…カニ?)が欲しいと言っている。

 自分も子どもの頃には多少遊んだ記憶がある。
 クリスマスにもらった、パットちゃんというリカちゃんのお友だち人形。
 妹と私、1体ずつ。
 ケンカにならないように親も気を使ったんだろうな。

 腰に傘が付いていて、その傘を開くとドレスが華やかにパッと広がるという人形だった。

 私は人形関係でモノが増えはしなかったと思うのだが、妹の方は、その後、洋服セットや、階段の付いたリカちゃんハウス(コンパクトなサイズだった)を買ってもらった。
 ベッドもあったかな。

 娘は、お洋服と靴とアクセサリーなどをいくつか持っているのだが、リカちゃんハウスや家具などは1つも持っていない。

 本人が欲しいと言ったのを聞いたこともないし、私自身、あまり興味がないので、買ってみようと思ったことがなかった。

 先週初め頃、リンクの小物作りで使った段ボールやワイヤーが部屋に転がっている(片付けなさい!)のを眺めながら、ふと、リカちゃんにも何か作ってあげようかなぁと思い立った。

 最初に手に取ったのは硬めのワイヤー。

 「これでイスができないものか…」

 イメージしたのは、赤ちゃんのバウンサー。
 イメージを固めてワイヤーを切り、曲げていったのだが、何と、長さが足りなかった。

 どうしよう…作り直すか…。

 が、せっかく途中まで曲げたと思うともったいない気がして、ワイヤーの端に発砲スチロールを差し込み、取れてこないようにガムテープで補強して土台にした。(ワイヤーの不足分を、土台で補ったってこと)
 あとは緑のフェルトを適当に切って縫いつけて完成。

 …完成とは言っても、土台がちょっと無様すぎて苦笑。

 さすがに娘に「使っていいよ」とは言いづらく、放っておいたら、いつの間にか娘が回収、リカちゃんが座らされていた。
 結果オーライ。

 続いて、段ボール。

 これは、最初からベッドにしようと思っていた。
 なかなか着手には至らず、2日ほどボーっと考えていた。
 いかに簡単に、工程少なく、それっぽく作れるか。

 ベッドだから基本真っすぐに切ればいいので、作り始めてからは超簡単。
 真っすぐ切って、折って、貼って、完成だ。
 簡単に形が崩れては困るので、裏側から四つ角を補強した。
リカちゃんベッド裏

 全体の補強と、全体を赤く塗りつぶすことを兼ねて、赤のガムテープでグルグル巻きにした。
 これは、前回作った剣の時同様、安易な選択だったかな…。
 ちょっと後悔して、ネットで見つけたテクスチャ素材を印刷して、サイドに貼りつけた。

 布団は、梱包材?緩衝材?のプラスチックのシートを布で包んで両面テープで接着。
 ほんの少しふっくらしている、が、薄い。

 サイズを測らなかったので、形が出来てから、リカちゃんの背丈ギリギリ(横幅も狭かった)だったことに焦ったが、まぁ、どこからどう見てもベッドに間違いないし、とりあえずリカちゃんはおさまったので、良しとするべし。
リカちゃんベッド

 ベッド作りの作業を始めたのは、子どもが寝てから。
 何が出来るんだろうかと興味津津に見られると、何だか気恥ずかしいし、微妙に緊張もしてしまうから。

 娘には「ママ、工作、好き?小学生の時、得意だったでしょ?」なんてことを、何度も聞かれた。
 答はノー!

 小学生の頃、工作なんて得意じゃないし好きでもなかった。
 上手に出来ないから、楽しいとすら思ったことがなかった。
 思うに、何をすればいいのか分からなかったというか、イメージという部分が足りなかったのではないだろうか。

 今は、下手なりにも楽しい。

 ベッドの次に取りかかったのは、リカちゃんハウス。
 いや、ハウスなんて言ってしまうと大げさ過ぎて他人に見せられない(^^;
 ようはリカちゃんグッズを入れるための収納箱。

 イメージしたのは、カバン。
 娘はいつも大量の荷物を持ち歩く(家の中でも、外でも)。
 ショルダーの大きめカバンに色々詰め込み、さらにリカちゃんグッズを箱に詰め。

 正直、ちょっと勘弁してほしい。
 出掛ける時に箱を抱えていること自体が恥ずかしいし、家の中でもカバンを肩に掛けていたりするのは、気になって仕方がない。

 そうだ、リカちゃんグッズを入れる可愛いカバン風の箱を作ろう。
 可愛いと思える箱なら、持ち歩かれても、気にならないかもしれない。…すべては、私のためだ(^^;

 使用したのは、アマゾンの段ボール箱。

 アマゾンの段ボール箱は、結構使い勝手が良いので、捨てずに利用している。
 実は前から、カバンぽくなりそうだと思っていた。

 まず、取っ手を付けた。
 ワイヤーを2本カットし、折り曲げ、箱にドライバーで穴を開けて差し込む。
 ワイヤーを段ボールで隠し、またもガムテープ(赤)で巻く。
 ……ガムテープはホント便利なんです。

 次に中(壁紙)に着手。

 部屋の中というイメージなので、はじめはシンプルにと思っていたのだが、お人形さんの部屋なのだから、現実離れしててもいいじゃんと思いなおし、ドット柄のテクスチャ素材をチョイス。
 赤、青、黄色、しかも四方全部(天井以外)をドットにしてしまったので、うるさい感じは否めない。
 が、自分的には嫌いではない。
 微妙な色合いがとても可愛い(レトロポップ?)。
リカちゃんハウス

 空っぽの箱の中を部屋仕様にするべく、ワイヤーと発泡スチロールで作った洋服掛けを天井に取り付けた。
 ハンガーがかかってないと、それっぽく見えないなと思い、ハンガーも作った。
 (このハンガーは小さすぎて服が落ちてしまうと苦情があり、後日、大きめに作り直した)
リカちゃんハウス

 テーブルも作ってみた(接着が弱くて難ありだけど)。
 それっぽく見せようとして、布をのせてテーブルクロス風としたのだが、娘は「何コレ?」

 「お店とかであるでしょ!テーブルクロスです!」
 (分かってもらえないから不機嫌になりました(^^;)

 テーブルがあったらイスもということで、イスも用意。
 ポテトチップスの筒を利用して丸イス。
 2つ作る予定だけど、1つはまだ作りかけ。

 靴やアクセサリーの小物を入れる引き出しもあったらいいなと思ったが、そこまで頑張れる気がしなかったので、ポテトチップスの筒の残り部分と蓋で小物入れを作ってガマン。
リカちゃん小物

 外観は、中とちょっと雰囲気を変えて、レトロチック&クラシックな感じをイメージ。
 自分なら、どんな色合いのカバンを持ちたいかなぁと、それはそれは長いこと妄想(^^;
 貼ってみて気に入らなかったら貼り直せばいいだけなのに、なかなかコレって決められない…本当に優柔不断な私だ。

 中も外も、紙をカットして貼っただけ。ただそれだけ…。
 端っこがペラペラしてたりして、ちょっとだらしない感じに見えてしまうのが残念。
 でも、離れて見れば(それでいいのか)、それなりにイイ雰囲気(なんじゃないかと思う)。

 リンクの盾もそうだが、素敵なイラストをネットに上げてくれていた人に、感謝するばかり。
 この素材こそが、仕上がりの全てであると言っても過言ではない。

 最後は、一番の悩みどころ。
 箱をどう閉じるか。
 箱のふたが閉じられなければ、カバン仕様にはならず、持ち運びに難あり。

 妄想しまくって、結局は、フェルトを長く切って箱の周りにぐるっと1周させて、ボタン留めする形にした。
リカちゃんカバン

 これで完成はした。
 が、閉じている分にはカッコいいような気もするのだが、開く時も閉じる時も遊ぶ時も、ベルトが長すぎて、とてもうざったい。
リカちゃんハウス

 付けてしまったからには仕方ないと思いつつ、どうも納得がいかない。

 完成を急いでしまったような気がする。
 もっと別のいい形があったんじゃないかと、うだうだ後悔。
 大きな失敗をしでかしたよう(大げさな)で凹んでいる。

 後悔しまくって凹みまくって、新たなイメージが出来たので、次回は(また作るのか?)もっと使い勝手よく仕上げたい。

 まぁ多少愚痴りつつも、紙を貼っただけの張りぼてカバンは、それなりに可愛いんじゃないかと満足している。
 リカちゃんに興味のない私も、せっかく作ったからイスに座らせてみようかな、なんて思ったりする。
リカちゃんハウス

 週末には娘が実家に持って行ったのだが、私の母の第一声は「どうしたの?そんなトラさんバッグ持って」

 …トラさん?
 寅さん!?

 『フーテンの寅バッグ』、そう言って母は笑った。

 どのあたりが寅さんのカバンだと言うんだ…。

 収納という目的はある程度果たせている(ベッド下に収納する箱も作ったよ)ことだし、フーテンの寅バッグと言われても良しとするか。
リカちゃんカバン
posted by KON at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。