2008年06月19日

ラスト・フレンズ最終回

 予告映像の「衝撃」の文字に、いったいどんなラストになるのかと1週間楽しみに待っていた「ラスト・フレンズ」最終回。

 子どもが寝てくれたので、ゆっくりのんびりドラマ鑑賞。コーヒーなど飲みながら「美知留ちゃんが瑠可と結婚するんじゃないかな」と言う私(バカ?)。「意味が分からない」という旦那様。旦那様は美知留ちゃんが死ぬんじゃないかと先週から予想。「1人死んでるのに、もう他に死なないでしょ」と思っていた私も、「出産には危険がともなう」らしい産婦人科医のセリフに、「あれれ、死んじゃうのかな。瑠可とタケルくんが赤ちゃんを育てていくっていうラストかな」なんて予想。

 どんな「衝撃」があるか、そればかり気にしながら&予想しながらドラマを見ていた。中盤、オグリンが花束を持って現れた時には「マジすか」と叫んでしまった。私には予想外の2人の結婚式シーンで、ある意味衝撃だった。・・・まさか「衝撃」ってコレじゃないよね・・。

 中盤過ぎて、バイク事故のシーンでは、瑠可を死なせてどんなラストになるってがぁ!と叫びそうだったが、かすり傷で登場し美知留ちゃんと出会い、「病院で出会うためだけの事故シーンだったのか」と、ちょっと肩すかしをくったような気分。そんなに事故シーンを演出しなくても良かったんじゃないのか、とグチグチ。

 出産シーンも、「美知留ちゃんが危ないのか、やっぱり」と思わせておいて、母子ともに無事。それは、めでたいのだが、まだ「衝撃」は来ないのかと時計を気にしてしまった。もう終わっちゃうじゃないかと。
 それにしても、赤ちゃん、めちゃめちゃ可愛かったなぁ。ホントに小さくて、抱っこされるシーンはハラハラしちゃった。撮影の横で、本物のママさんが心配して見ているんじゃないかなぁなんて思ったりして。

 シェアハウスで4人で暮らし始め・・・が、最後に出てきた写真にはエリーとオグリンが写っている。遊びに来て一緒に撮影?それとも、一緒に生活?・・・それはちょっと衝撃かもしれないが。

 先週の宗佑の自殺が大きな衝撃だったから、最終回は平和な感じだった。まるく収まってくれないと消化不良おこしちゃうから、これで良かったと思ってはいるけど。
 なんだか文句綴ったみたいになっちゃったけど、ラストが不満なわけじゃないし、毎週面白く(重たいリアルなシーンが多くて、眉間にシワが寄りっぱなしだったけど)見ていた。登場人物、みんな魅力的だったし。
 とくに瑠可役の上野樹里、かわいいなぁ。役のせいもあるかもしれないけど、中性的な感じがたまらない。あんな髪型、真似したいなぁ。服装も可愛いなぁ。・・・きっと、年を考えろって言われるだろうなぁ・・・。

 公式サイトにたくさんアップされているドラマシーンの写真の数々やシェアハウス内の紹介写真、見ていて飽きない&楽しい。ドラマは終わっちゃったけど、今度ゆっくりもう一度見てみようっと。

 ラスト・フレンズ↓
 http://wwwz.fujitv.co.jp/lastfriends/index.html


ラベル:ドラマ
posted by KON at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。