2008年06月30日

医療保険と学資保険

 現在入っている自分の保険をもっと安いのに入り直したいなと思い、色々検討していて最後に残ったのが損保ジャパンひまわり生命の「フェミニーヌ」。3年ごとに15万円のボーナスがうれしい女性のための入院保険として結構有名だと思う。

 15万円のボーナスがもらえるプランだと、現在の保険より月々の支払いが増えてしまうから、10.5万円のボーナス(プラン2)と7.5万円のボーナス(プラン3)で検討中。
 もらえるボーナスはもちろん多い方がうれしいけど、旦那様の保険もいずれ見直したいし、子ども2人の保険も考えなくてはいけないことを考えれば、私の保険など少しでも安い方がいい。・・・とは言っても、いざっていう時に困ってしまうから、保険に入らないという選択肢はあり得ない。

 国民共済や県民共済もお手頃でいいのかなと思うけど、フェミニーヌの3年という単位でのボーナス(生存給付金)はかなり魅力的。
 だいたいは5年ごとに給付金っていうパターンだもんね。5年って結構長いと思うんだよねぇ。
 少額でも3年ごとにお金がおりてきたら、子どもの費用にだって、小旅行にだって使えちゃって、超助かる&超うれしい!

 他にお手頃価格の医療保険だなって思ったのが、アフラックのEVER(エヴァー)。私の保険も3年ごとのボーナスを考えなかったらコレでいいかもって思ったくらいお手頃。
 子ども2人の医療保険については、コレにしちゃおうかなって検討中。1歳の息子は月々1,120円の掛け金、5歳の娘は1,175円の掛け金。いずれ娘の方に女性疾病特約を付けるとしても、10歳の時で掛け金+500円、18歳の時でも+590円。

 現在は旦那様の保険に入ってる子ども2人(子型の保険)だけど、いずれ保険の見直しの時にはもう子型の保険には入れない(子型がなくなった?)という保険屋さんの話だったから、今から別々にしておいた方がいいかもしれない。
 
 子ども2人には、学資保険も急いで探さないといけない。多くの人は0歳から入っているんだって。将来を考えたら当然だろうけど、なかなかねぇ・・・別のところにお金が飛んでいっちゃってねぇ・・って、言い訳にもならないか。

CA390783.JPG 医療保険は別に入るとなれば、学資保険は貯蓄型に絞り込んで考えられる。支払った保険料より戻りが多い方がいいわけだけど、どれもこれも色々売りがあるようで、コレって決められない。

 そんな中でも、貯蓄率の高さで選ばれているのがソニー生命保険の学資保険だって聞いた。
 いくつか資料を取り寄せたけど、ソニー生命保険からはもらってないから、資料請求してみようと思う。

 月々の支払いをそんなに高く設定できないから、満期額も当然多くはならないけど、やってないより全然マシだよね。
 なかなか預貯金も難しいし、やっても利子がたいして付くわけでもないし、万一旦那様に何かあった時には保険なら支払い免除で学資金が受け取れるっていうのが助かる。・・・何かあったら困るけどね。

 よそ様では、どんな風にして子どもの将来に備えているのかな。ホント、聞いてみたい!切実・・・。

 
ラベル:貯蓄 子育て 保険
posted by KON at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。