2008年07月06日

蔵王のお釜

 昨日の午後、娘が幼稚園から帰ってくるのを待って蔵王のお釜へ出かけた。アパートを出たのは2時近かっただろうか。
 前もって計画していたわけではなく、急遽予定が立った。「どっか出かけたいなぁ」とつぶやいていた旦那様が「蔵王のお釜にでも行ってみるか」と行き先を決めたのは、とにかくアパートが(もちろん外も)暑かったからに他ならない。
 かなりのインドアで、急に出かけることになると「えー?やだなぁ」というような反応になってしまうことが多い私も、「蔵王のお釜?避暑だね!」と珍しくちょっとノリノリ。
 お昼ご飯にラーメン屋に寄ったりしていたら、「さぁ、出発!」という頃には3時を過ぎていたように思う。

 13号線を走りながら旦那様が「道わかる?」「地図も持ってこなかった」と言った時には、ちょっと焦った。知っている極々限られた道路しか走らない私が道を知っているわけがない。旦那様はたしか去年もお兄さんとお釜まで行っているはずだから、行き方なんて知っているとばかり思って完全お任せ状態だった。
 「たぶん大丈夫と思うけど」「いつも準備万端しすぎるのがダメなんだな」「案内看板見ながら適当に行ってみるか」「道はつながってるんだよな」こちらが何も言わなくても1人でしゃべっていた旦那様は、やはり不安があったのかもしれない。自分に言い聞かせていたように思う。

 ウネウネと急カーブの続く上り坂。時々遠心力で倒されたりしながら、蔵王のロープウェイ乗り場までやってきたのが4時過ぎ。トイレ休憩で外に出て、娘が2歳の頃に一緒にここで遊んだことが懐かしく思い出されて、ちょっとジーンとしてしまった。あれからあっという間の時間だったような長い時間がたったような・・・。

 すでに4時半ちかく、これからお釜まで行って果たしてお釜が見られるのか。晴れているわけでもないし、暗くなるかもしれないし、半分はあきらめ気分。見えなくても仕方ない。
 10年くらい前に一度お釜を見に出かけたことがある。5月か6月だった。天気のいい日だったと記憶しているが、道路はモヤ(雲?霧?)に覆われて、車のボンネットさえも見えない状態。すっかり雲の中にいる気分。(楽しくない、怖い)お釜に着いたら地吹雪だった!!実家の朝日町で生活していた頃でさえ、遭遇したことがないような地吹雪。歩くのもやっと。顔が痛い、体が冷える。当然お釜などチラとも見えやしなかった・・・。あれはあれで強烈な思い出ではある。そんなだったから、お釜は見えたらラッキーくらいに思っていた。

 蔵王エコーラインを延々上っていく。前をバスが走っている。帰って行くバスとも何台もすれ違う。福島や宮城から来てる?みんな遠くからやって来て、お釜は見られたのかなぁ。せっかくの観光、山形のいい思い出になったのかなぁ。・・・山形を気に入ってくれたらいいなぁと思う。

 車の窓を開けるとヒンヤリした風。冷房要らず。昼頃にやって来て、長い時間涼んで帰るっていうのが、いいかもしれないなぁ。今日は夕方になっちゃったからなぁ。
 520円払って有料道路に入ったら間もなくお釜に到着。有料道路っていうか、お釜を見るための入場料っていう感じ?車1台に対しての料金だから、まぁ、高くはない・・・かな。

 子ども2人に準備していた上着を着せて、もちろん自分も。旦那様は持ってこなかったらしい。「お釜は寒い」ってあれほど言ったのに。
 売店などがある施設に入ろうと思ったら、聞いたことがある曲が・・・。もしかして終わりなんじゃね?案の定、「閉館でーす」という係の人の声。・・・マジすか。
 まぁ、お釜が終わるわけじゃないから、別にいいけど。施設に入ったって、子どもが何か買いたくなっちゃうだけなんだから。

 お釜に向かって歩け、歩け。暑がりの娘が珍しく「寒い、寒い」を連発。寒い所に行くんだっていう忠告も聞かずスカートなんて履いてくるから、スースーしちゃうんじゃないか。自業自得です!
 岩や石がゴロゴロ転がった茶色い急な坂(山肌?)を降りていくと、「あーーーーーっ、あれだよね、お釜!」モヤがかかってボンヤリしてはいるけど、お釜の中がグリーンぽく見えている。なんか、すごいうれしいんですけどぉ(^^)

 写真撮っておかなきゃ!旦那様と息子、娘に、「こっち見てこっちぃ」なんて言いながら写真を撮っていたら、モヤが風に流されて、見る見るうちにお釜がスッキリと見えてきた。おおおおおおおっ!?「さっきよりハッキリ見えてきたんじゃない?」ちょっとテンション上がっちゃったと言うか、プチ感動。

 半袖で寒かった旦那様は早く引き返したかった(風がゴーゴー唸りをあげてたくらいだから、確かに寒かった)ようだけど、私は正直もっと見ていたかったなぁ。なんだろうなぁ、自分でも意外だけど、心惹かれたっていうのかな。また見られたらいいなぁ。

 帰り道でサプライズが1つ。頭&目が痛いと言う旦那様と交代して、途中、私が運転することになってしまったのだ。私は自分の軽自動車(マニュアル)しか運転しない。旦那様の車は軽じゃないし、去年買ってからまだ1度も運転したことがない。それなのに初めての道路で運転ってが?オートマだからブレーキとアクセルを踏むだけなのは分かっているけど、カーブばっかりの道路を私が運転するってが?
 ドギマギしながら下界まで運転。途中、娘に「ママが運転してるんだから、ちゃんと座ってなさい」と言った旦那様の言葉にムカッ!「そんな言い方するんだったら運転させないでよ!」
CA390828.JPG
 せっかくのプチ感動が、プチストレスに変わってしまったのが残念だったけど、夏の間にもう一回お釜に行けたらいいな。ガソリン消費するから度々はムリだろうけど。
 最後にもう1つ残念だったのが、写真。実際に見たよりもボンヤリした写真しか撮れていなかったし、すごく遠い。うーん、ホントに残念。
 
ラベル:山形 蔵王 お釜
posted by KON at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。