2008年07月13日

過去の遺物

 週末、実家に行った。チビたちがいるし(とくに息子)、ゆっくりなどできないのは分かっていたのだが、やっぱりドタバタでちょっと疲れた。・・・一番疲れたのは、実家の父母、そして弟夫婦だと思うけど。

 実家では母が押し入れなどを整理していて、要らないようなモノを引っぱりだしていた。その中に私のモノもこまごま&ゴチャゴチャ転がっていた。「いるの?いらないの?いらないなら処分して」そう言った母が指さした先にあったのは、ずいぶんと古いパソコンのソフト。

 ありゃりゃりゃりゃ、こんなのまだあったんだ・・・ビックリしてしまった。だって、まだWindowsなど存在しなかった時代(20年くらい前?)のソフトや、ハードディスクやCDドライブが付いていないパソコンが主流でフロッピーディスクベースでソフトを動かしていた時代のソフトが残っているんだから。

 余談だが、MacかWinでソフトが分かれている今と違って、昔はMac以外に、NEC系パソコンとIBM系パソコンでもソフトが分かれていたなんて、このブログを読んでくれる人のどれだけの人が知っているんだろうか。
 それに、昔は今よりずっとずっとずーっと値段が高くて、今みたいに家庭に1台2台なんて夢のまた夢っていう感じ。ゲーム、アニメ、プログラム、パソコン通信・・・何か目的がハッキリしている人たちが買っていたかも。

CA390944.JPG さて、数年前に本体PC-8801mkU(FRだったかな?ディスプレイは買わないで家庭用テレビにつないで使っていた)は処分してしまったから、ソフトだけ残ってしまった。
 なんと、5インチのフロッピーディスク!見たことない人、多いんじゃないのかなぁ。最近の人は3.5インチすら知らなかったりして?
 ソフトの中に私が一番遊んだはずの「テトリス」がないし、逆に遊んだ覚えのないソフトもあるから、弟が買ったソフトと混ざっているかもしれないが、それにしても懐かしい。ゲームしていると、カチャンカチャンって、プログラムを読み込んでいる音がしたんだよねぇ・・・。しみじみ。

 こんなに古いソフト、欲しいって思う人、探している人いるのかなぁ。動作するのかどうかも保証できないし、捨てるしかないのかなぁ、やっぱり。

 今度は、IBM-DOS版のソフトや、パソコン通信の話などしようかと思ってます。

posted by KON at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。