2008年07月15日

文法戦隊イタレンジャー

 深夜、久しぶりにダラダラとテレビを見てしまった。子どもが寝ている部屋に音が響かないようにボリュームを下げて見ていて、音はところどころ聞き取れないような状態だから、なんとなく眺めていた感じ。

 そろそろ寝ようかなぁと思いながら何気なくチャンネルを切り替えていたら、目にとまったのがNHKの番組。天才テレビくんにも似たCGをバックに、何やら戦って?いるような雰囲気。
 「こんな時間に子ども番組?」・・・すると、日本語に混じって聞こえてくる外国語(どうやら英語ではないらしい)。
 えーーーー?これって、外国語の学習番組なんだぁ。なんだか妙に心惹かれて、見入ってしまった。
 後からわかったことだが、イタリア語講座の1コーナーで『文法戦隊イタレンジャー』というらしい。

 いかにも悪者というメイクの女性が、イタレンジャーの2人に攻撃をしかけているのだが、「20」という数字をイタリア語で答えれば攻撃を返せるようである。でも、返すことができず負傷。
 続いて「30」・・・やはり返せず、2人目も負傷。まだ「20」「30」という数字は知らないらしい。

 今度はきれいな女性が現れて、イタリア語での「20」「30」の言い方を教えてくれた。「Venti(20)」「Trenta(30)」。よく聞こえなかったのだが、ベンチ?トレンタ?
 この数字を知っていれば、イタレンジャーがこれまでに覚えた1〜9までの数字と組み合わせて、色んな数を表せると言う。

 悪者の攻撃が再開されて、今度はかけ算。どんなかけ算だったかよく覚えていないのだが、1〜9の数字が何となく分かったので(4と5以外)、かけ算は理解できたし、思わず声に出して答えていた。
 例えば「Sei × Sei =」。Seiは6かなと思ったので、答えは36ということで、「トレンタセイ」。正解!分かりやすくて面白いゾ。

 せっかくだから、イタリア語での数字の言い方を調べてみた。

 1 Uno(ウノ)  2 Due(ドゥエ)  3 Tre(トゥレ)
 4 Quattro(クワットロ)  5 Cinque(チンクエ)
 6 Sei(セイ)  7 Sette(セッテ)  8 Otto(オット)
 9 Nove(ノーヴェ)  10 Dieci(ディエチ)
 20 Venti(ヴェンティ)  30 Trenta(トゥレンタ)

 次回の放送で役に立つかもしれないじゃん。・・・って、見る気満々である(^^)
【関連する記事】
posted by KON at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。