2008年08月02日

赤川の河口

 木曜日、旦那様は精神的な疲れから体調を崩し、会社を休んだ。そんな時、体調が悪いからと言って、寝ているのがいいわけでもない。意識的に気持ちを切り替えるべく、気分転換を心がけなくてはいけない。

 旦那様が「海に行きたい」と言った。川ならすぐに行けるけど、海となるとちょっと遠い。体調悪いのに、そんなに運転できるんですか?
 「ただボーッと海を見たい」旦那様はそう言ったけど、息子も連れて行くのに、ボーッとしてられるわけないじゃん。そう思いながら、私はせっせと息子が水に入るための準備。・・・旦那様には申し訳ないけど、遊ばせる気満々&旦那様に相手してもらう気満々である。

 目的地となる海は、庄内の赤川河口。だいたい決まってココなのである。結婚する前に遊びに行ってから、毎年必ず数回訪れている。
 人出があまりないのと、すぐ近くにある喫茶店?『Afternoon Tea』が大のお気に入り。前回食べに行った時、私たちの定番メニューの1つになっている「インディアンピラフ」がメニュー表から消えていて、「なくなったんですか?」とお店の人に聞いたら「大丈夫ですよ」と言って出してくれた。ピリッと唐辛子が効いていてとっても美味しい。
 スイーツもパフェもどれをとっても美味しい!!また今回も絶対食べたーいと思っていたのだが、結論から言うと、今回は定休日で空振り・・・。ガッカリ。

 赤川から海へ、そして砂浜、初めて見た頃から景色はずいぶん変わったように思う。まず第一に砂浜はもっと広くてキレイだった。海ももう少し遠浅だった気がする。
 少し行くとズボっと深くなっている感じが、息子を遊ばせるにはちょっと怖い。
 海水浴場じゃないから仕方ないけど、テトラポッドも置かれてないから、結構強い波がドドーンとやってきたりする。

 息子は最初とまどっていた様子で、抱かれた状態から離れようとせず、砂浜に足を降ろしたがらなかった。やっと砂に足をつけたと思っても、足についた砂が気になって手で砂をはらおうとしたり・・・。

080731_1456.JPG それでも波に手を濡らし足を濡らししているうちに、もう止まらないという感じで歩き出し、声に出して笑い、見ている私たちも自然と笑顔に。
 大きな波にザブンと水をかけられたり、転んで水をかぶったりして、ちょっとだけフエフエ泣きそうな顔をしたけど、涙を見せることはなく、歩いて走って、水と遊び、砂で遊び、本当に楽しそうだった。

 旦那様がひっきりなしに「危ない!」「危ない!」って叫んでいたようだけど、自分でも「危なくてハラハラした」と言っていた。
 やっぱりボーッと海を見ているなんてできなかったね。
 でも、お日様が反射してキラキラ光る海を見て、ザザーザザーっていう海の音を聞いて、ずいぶんとリフレッシュしたんじゃないのかな。

 私は持っていった短パンに着替えずジーンズのままでいたから、膝下がずぶ濡れ。(まくったんだけど)旦那様も膝までのズボンを履いていたけど、やっぱり濡れた。
 そして息子。着替えさせなかったから、紙オムツもつけたままだった。帰りに脱がせて、オムツの重さにビックリ。MAXに水を吸って、ずいぶんと重たくなっていた。旦那様は気づいていたようで「お尻に重心があった方が安定感があって安心かと思ったから放っておいた」そうな。
 いやいや、あんなオムツは外してあげた方が、身軽に動けて安心だと思うゾ。

 ガソリンが高くて遠出するのにも勇気がいるけど、今度は娘も連れて遊びに行きたいな。






ラベル:庄内 子育て
posted by KON at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。