2008年08月04日

飛び火

 娘が、夏休みに入ってから長々と私の実家にお泊まりしているので、昨日は久しぶりに私も実家へ遊びに&娘の様子を見に出かけた。
 ずっと娘を任せっきりなので、娘&姪っ子の相手をしないと、申し訳ないという気持ちもあった。

CA391141.JPG 日中、35度を超える暑さということで、庭先でチビさん達に水遊びをさせた。水遊びの準備をした母親の方がグッタリだったと思うが、チビさん達につきあってお日様の下にいた私もグッタリ・・・。
 拭いても拭いても汗がフツフツと湧いてきて、ちょっと下を向いていると、汗がポタリポタリと落ちていく。
 しゃがんだり立ったりを繰り返していると、一瞬目の前が暗くなってクラクラと目まいがしたりする。・・・体力が落ちているのかなぁ、年のせいかなぁ。

 水から引き上げて、体を拭いてあげて、チビさん達は裸のままでアイスを食べスイカを食べ。
 そんなチビさん達にパンツを履かせようと体に触ると、すごーくヒンヤリ気持ちいい。思わず息子をギューッ!お願い、ママも冷やして!

 せっかく水遊びしたのに、チビさん達はワイワイギャーギャー騒ぎだし、あっという間に汗をかく。娘はあちらこちら痒くなっているようで、気づくと爪を立てるようにして(爪は噛みすぎて短いけど)バリボリバリボリ。
 寝ている間にも掻きむしっていたそうで、首のところにはカサブタ状になっているひっかき傷が数本。

 2才の夏に「飛び火」になったことを思い出す。あれは悪夢だった。脇の下あたりに「飛び火」ができて、それがまたたく間に増えていったのだった。
 あり得るよ、あり得る、また「飛び火」になるかもしれないよ。ああ、思い出しただけでもウンザリ憂鬱。

 薬塗るのも、ガーゼ取り替えるのも、痛がって嫌がって大泣きして大暴れだったんだから。あれから3年経って娘は年長さんだけど、やっぱり泣くだろう、嫌がるだろう。

 娘は記憶にはないようだけど、写真に残っているのを何度か見て「飛び火」になった状態は知っている。
 痒いからといってボリボリ掻いていると「体に目が出来る」と、娘は思っている。だから、掻いている時には「お目々が出来ちゃうよ」と警告する。

 首が痒いのは、汗をかいたところにピタピタと長い髪がくっつくのが原因の1つだろうと思い、ここは思い切って髪を切ることにした。
 娘はずっと「長い方が可愛い」「(お友達は)みんな長いもん」と切ることを拒否してしてきたけど、夏休みになったら一度は切ると約束していたし、このままでは「目ができてしまう」と脅かすと、少し気持ちがぐらついた様子だった。

 よし、もう一押し!
 「おジャ魔女どれみのおんぷちゃんだって髪が短いけど可愛いじゃん。おんぷちゃんみたいになろうよ。絶対おんぷちゃんみたいになったら可愛いと思うなぁ」ひたすら、おんぷちゃん攻撃。

 「じゃあ、ちょっとだけね」の娘の言葉に、即開始。実家の洗面所に新聞紙を広げまくり、シートを首の回りにグルリと巻き、とにかくハサミを入れる。ジョギジョギジョギ!!
 いきなり10数センチ切られて、娘は固まって落ちていく髪の毛を見ていた。

CA391164.JPG はねまくりの髪を切るのはちょっと大変で、とりあえず肩につかないような長さで揃え、一度シャンプー。乾かして、再度ハサミ・・・と思ったのだが、これは娘に却下され、本当はもう1、2センチは切って、できたらアゴのラインくらいに切りそろえたかったのだが断念。

 首にかかる長さだから微妙だけど、首に長い髪がペタペタくっつくことは少ないんじゃなかろうか。
 ちょっと横分けで、片方の髪を耳にかけ、なんとなく大昔流行ったワンレンぽい気がしないでもないが・・・、まぁ、スッキリして可愛いボブヘアじゃないかな。自画自賛(^^)

 旦那様にメールで画像を送ったら「よく切らせたね」と返事。
 ホントによく切らせたなぁと、私も後から思いました、ハイ。




ラベル:子育て 飛び火
posted by KON at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。