2008年08月26日

はたらく車

 先週、隣の建物(1階建てのアパート?)の解体作業をしていた。
 建物をシートで覆って(粉じんが飛散しないようにかな)、ガッタンゴットン、ギーコギーコ、バキバキバキ。
 お昼休みと、午前と午後の休憩(30分ずつ?)の時間がハッキリわかるくらい、1日中作業の音と振動が響き渡って、うちのアパートは揺れまくり。
 
 解体作業に使われている重機(私には名前分からず)のアーム部分がシートから飛び出して見えていた。
 先端のハサミみたいなモノが屋根(トタン)をつかみ、上手にアームを動かしてベリベリ、ガリガリと音をたてながら、はぎ取っていく様子が、息子にはたまらなく魅力的だったようで、一日に何度もベランダから解体の様子を見た。
 男の子はやっぱり、働く車とか好きなのかなぁ。

 「生き物みたいだなぁ」と私も感心して見ていた。
 大きな機械が、とても繊細な動きをしている。何て言えばいいのか、もっとギコギコカクカク動いているイメージだったのに、とってもスムーズに滑らかに、本当に人の手のように動いていることに驚いた。

 驚いたのは、機械の動きだけじゃない。
 作業は、とても計算的で、効率よく進行しているようだった。
 解体作業なんて、とにかくメチャクチャにしちゃえばいいんじゃないのかと、私は変な誤解をしていたようだ。

 そう思ったのは、シートが外されて中が丸見えになった時。
 地道な作業が続いたのを見た時である。

 トタンや鉄材を、重機のハサミで拾っては、それぞれに1カ所に集め、大きなものはハサミを器用に使って折り曲げている。
 集めたモノはトラックに積んで運び出していく。

080822_0920.JPG 気づくと、重機が変わっていた。
 登場したのは私にも分かるショベルカー。とっても大きい。
 建物がなくなると、今度は基礎部分(コンクリート)を壊していく。
 コンクリートは、またたく間にガレキと化していく。

 ショベルカーは、ガレキとなったコンクリートをすくい集めていくのだが、極力、土を一緒に持ち出さないように、すくった後にショベル部分を揺らしたりする。
 すくい上げる時にも、ショベルの側面で土をならしたりガレキを寄せたりする様子が、まるで優しい手のよう。ホントに生き物みたい。

 細かいガレキは人が腰を曲げてザル?(ドジョウすくいみたいなの)に手で集め・・・いやいや、何て気の遠くなるような作業なんだろうかと、本当に感心してしまった。
 私にあの作業が出来るだろうか?

 今からもう10年近くも前のことだが、山形に戻って仕事を探していた時に、重機を扱う会社に問い合わせたことがある。
 「免許は持ってないんですけど(当時は普通免許もなかった!)、これから取る方向で面接をしてもらえませんか?」・・・無謀だ、なんて無謀なんだ。
 電話の向こうで、笑っていたのを今でも忘れない。

 昨日は、ショベルカーが土を山のように盛っていた。その上にキャタピラで乗り上げて、周りの土を寄せ集めたり、ショベルで土を叩いて固めたり。
 あの山は一体何になるんだろうかと不思議に思って見ていたのだが、トラックがやってきて謎が解けた。

 ショベルカーは、固まりの山にショベルをサクっと入れて、土をすくい上げ、それをポイッとトラックに積んだのである。
 なるほど!目からウロコだった。
 1カ所に集めた方が効率的だし、固めたことで、きれいにたくさん一度に片付くのである。

 土を寄せ集める、固める、この一手間、二手間が、実は仕事をスムーズに進めるポイントだったわけだ。
 トラックを待ってる間に出来る作業なわけだし、実に無駄がない。

 素晴らしい!

 今日も作業は続いていたけど、もうそろそろ終わりのようである。
 息子はさぞかしガッカリするだろう。
 今日も朝から何度見に行ったことか。

 とっても近くで、しかも高い位置から、貴重な現場を見る機会があってラッキーだったなと思う。
 すべての仕事に言えることだが、働く人たちへ、本当にお疲れ様です!!


 
ラベル:重機 仕事 子育て
posted by KON at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男の子って好きですよ〜。働く車。家の息子も1〜2歳の頃大好きで毎日DVDや本見てました。
近所にショベルカーなんていようもんなら釘付けです。今は全くですけど^^。
大変なお仕事ですよね。音もすごいし。。
相互リンクお願いします。応援♪
Posted by Cherry at 2008年08月27日 09:58
相互リンクありがとうございます!
いつもコメントいただいて、本当に感謝です。ブログ書こうって気になります(^^)

男の子と女の子は基本的に違う部分が多々あるってことなんでしょうか。
姉弟だから似てる部分も多いけど、興味の対象が違うと、親の方もとても新鮮です。
Posted by KON at 2008年08月27日 14:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。