2008年11月29日

男の料理

 パートに出てから、毎日がドタバタで、旦那さまへの小言が増えていく。
 「私ばっかりバタバタしている」「私を見て大変そうだなって思わないの?」「少しは手伝ってくれたらいいのに」と、グチグチ、ブチブチ。

 朝だって、旦那様は一番先に出かけて行くから、その後の戦争のような様子を知らない。
 息子はともかくも、娘を起こして着替えさせるくらいまではやってほしいと思う。

 そして、仕事を終えて帰ってからの夕飯の支度時。
 何と言っても、息子がグズグズと私にまとわりつくので、作業がはかどらない。
 1日ずーっと保育所で頑張っていてくれたんだから、たくさん抱っこしてあげたい気持ちはあっても、それではいつまでたっても夕飯にありつけない。

 腹が減ったと娘は催促するし、幼稚園からの帰宅時にはパパからお菓子など買ってもらっていたりする。
 「腹が減ったから外で食べちゃおう」と旦那様が言うことも度々。

 私だって腹が減ってるっちゅうんじゃー!
 外で食べてたら食費がかさむ!
 息子の相手してくれたら、私だって急いで支度するわ!!

 ついついケンカ腰で、声が大きくなっていく。

 そんなこんなでイライラ。

 旦那様が「何をしてほしいのか言ってくれ」と言うので、息子の相手をしてほしい!
 大変そうだなと思ったら手伝ってほしい!
 朝は娘を起こして幼稚園の支度をさせてほしい!と要望。

 旦那様が話し合いの末に出した結論は、「俺が買い物して夕飯作って、朝は(娘を)起こして着替えさせて、風呂入れすりゃいいんだろ」だった。ちょっとキレ気味。
 「そうじゃないよ、大変な時に手伝ってくれって言ってるんだよ」

 旦那様的には、ママを要求している息子のお守りより夕飯を作る方が楽だそうで、それならばやってみてもらおうと、今週火曜日から、旦那様の手料理スタート。

 残念ながら、朝は娘を起こすには至らず。

 さて、旦那様の手料理だが、まだ慣れないこともあり、初日は大皿にドンと1品。水曜日は野菜入り醤油ラーメン。木曜日は大皿2品。金曜日は、肉野菜入り塩ラーメン。
 慣れていない割には、なかなか美味しい(^^)大変満足。

 結婚してから、夕飯を作ってもらったことなんて何回あったろうか。
 仕事から帰って何もせずに夕飯を食べられるなんて、なんて幸せなことかと、しみじみ思う毎日。
 世の中の旦那様たちは、もっと奥さんに感謝するべきと思う。
 何もしないで料理が出てくることが、当たり前だと思ったら大間違いなんだから!ホントに!!

 夕飯を作ってもらって、後片付けするのはもちろん私。
 「自分だけが動いてる」という気持ちがないから、後片付けも気分良く進む。
 
 さらに、朝。
 旦那様が夕飯を作ってくれる時に台所がゴチャゴチャしていたら申し訳ないので、食器などの洗い物を残して出かけないように、炊飯器にご飯を残したままにしないようにと、これまでよりも片づけに気をつかうようになった。
 旦那様的には全然片付いてない、ゴチャゴチャで作業しづらいと思っているかもしれないが、私的にはかなり気をつけているんである。

 旦那様は、毎日料理しているうちに、どんどんと腕をあげて、あっという間に私など足元にも及ばないほどになってしまうかもしれない。
 だって、料理人には男性が多いもんね。男性の方が料理に向いているってことでしょ、きっと。
 
 とにもかくにも、旦那様の手料理に感激している幸せな私なのである(〃^^〃)
ラベル:料理 パパ 旦那 主夫
posted by KON at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。