2009年01月06日

人は忘れる生き物

 辞めて7年にもなるが、パソコン教室で仕事をしていたことがある。7年くらい続けたろうか。

 七日町にあったパートバンクで紹介され、山形駅前にあったパソコン教室講師の面接を受けたのが27才の頃。
 教室は閉鎖状態で、運営されていなかった。

 当時すでにWindows3.1からWindows95にOSが切り替わっていたにも関わらず、閉鎖前に教室で使用されていたソフトがDOS版の一太郎とロータスだった。

 東京・横浜でプログラマーの仕事をしていた(へたれプログラマーだけど)ことはあるものの、一太郎もロータスも使ったことがなかった。

 文書を作るのにもエディターを使っていて、右詰め・センタリングでさえも、前スペースを入れて目視で位置調整していたような私だから、一太郎で文書を作成するなんて、その時には想像すらできなかった。
 ロータスに至っては、「それが何をするためのものなのか?」という、使う以前の問題。

 そんなんで面接が通るわけもない・・・そう思っていたのだが、「いつから教室を始められるか」という感じで、あっという間に採用になってしまった。
 「いいのか、私で・・・」
 「できるのか、自分・・・」

 1ヶ月くらい独学の日々。
 DOS版の一太郎、ロータス、さらにWindows版の一太郎、ロータス、ワード、エクセル。

 どんだけ勉強すりゃいいんだ、うんざり・・・と思った私だったが、やり始めてみると、これが結構楽しいから意外。

 性に合った(気がした)のが一太郎とエクセル。
 特にエクセルは面白くて面白くて(^^)
 勉強というより、遊びみたいだった。

 まだインターネットなんて一般的じゃなかった(私もまだパソコン通信)から、ヘルプを開いて、ひたすら自分で調べて調べて調べまくり。
 知らない機能や新しい関数を見つけると、ホントうれしくてうれしくて。

 朝起きてエクセル、夜寝る前もエクセル。
 もうLOVE入ってたかも・・・っていう位、毎日エクセル三昧。

 それに対してワードは、好きじゃなかったから、全然やる気が起きなかった。
 今も仕事でワードを使用するけど、一太郎の方が好きだな。
 もちろんIMEよりATOKの方が断然好きだしね。

 (とりあえずワードは横に置いといて)とにかく大好きだったエクセルなのだが、一人目を妊娠してゲロゲロ(つわり)で、パソコンからちょっと離れている間に、熱が冷めて?しまった。
 さらに仕事を辞めたこともあり、まったくエクセルの必要性がなくなり、いつしか画面を見ることもなくなり、すっかり機能も関数も忘れてしまった。

 去年、仕事を始めて、ちょっとエクセルを使ってみたところが、まったく分からなくなっていることに愕然としてしまった。
 「忘れちゃったなぁ」と笑っている場合ではない。
 マジで初心者になってしまった。
 人は忘れる生き物だそうだが、ここまで忘れるものなのか・・・。

 プログラマーも3年?ブランクが空くと、「経験者とは見なさない」と聞いた。
 3年どころじゃないもんなぁ・・・。
 今の仕事では、初級者レベルほどにも使わないのだが、少しは使えるようになっておかなきゃなぁ。

 ・・・ただ、前みたいに遊び感覚ではやれないなぁと思う。勉強だな、勉強。
 勉強かぁ・・・やだなぁ。
 
 
posted by KON at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。