2009年03月16日

卒園

 毎日バタバタと落ち着きのない生活をしている今日この頃。

 自分自身は、バタバタというよりジタバタという表現の方が正しいかなと思うくらい、時間にも気持ちにもゆとりがないし、糸がこんがらがっているような、自転車のチェーンが外れているような、ギクシャクと動いている感が否めない。

 スマートにカッコよく生きるってどんなだろうかと、ふと考えてみるも、まったくイメージつかめず・・・。
 ずーっとジタバタ、ドタバタ、アップアップという感じで、生活していくんだろうかと考え、ちょっとばかりため息などついてしまう。

 もっと上手に時間をやりくりして、もっとのんびり子育てして、もっと伸び伸び&お気楽に生活して、もっともっとキレイに年をとっていけたらいいなと思う。

 毎日が行き当たりばったりという感じで、計画的に行動できていないから、やらなきゃいけないことを忘れていたり先延ばしにしていたりで、色んなコトに追いかけられるような状況に陥っている。

 気づいたら、今日は娘の幼稚園では修業式。明日は修了証書授与式である。

 そうか・・・もう卒園なんだ。

 明日のことなのに全然実感がない。
 式に参列したら実感がわくだろうか。
 感慨深くて泣く・・のかなぁ。

 年中さんで幼稚園に入った時には、靴のサイズは16p前後だった娘。
 今は18p前後。1年で1pくらいずつUPしたということか。

 毎日見ていると気づかないが、2年前に着せていた洋服も、ことごとくサイズアウトしてしまった。それでも往生際悪く、ムリムリ着せてみたりする。
 でも、やっぱりキツイものはキツイ。ムリなものはムリ。
 パツパツのツンツルテンである。
 
 小学校は私服で通うんだから、早いうちに何着か用意してあげないといけない。少々焦る。
 私の好みで買っちゃうけど、娘は「こんなのはイヤだ」とか生意気なことを言うようになり、ムカつく。・・・ま、それが成長したということなんろうけど。

 残念なことに、娘と好みが合わない・・・私はレトロっぽくてカッコ可愛いカラフルなのが好きなのに、ふりふり&ヒラヒラの可愛い乙女ちっくなのが娘の好みなようで、トホホである。

 思い返せば、私も小さい頃は『女の子!』を前面に押し出しまくりの洋服が好きだった。
 入学式のアルバム写真を見ても、ピンクの縁取りがある白いヒラヒラ(しかも2段)ワンピースに上げ底の赤い靴を履いて、パンパンのほっぺたを赤くしている自分が写っていて、「あいたたたたふらふら」である。

 もうちょっと大きくなれば、きっと娘の好みも変わるだろうと期待してはいる。
 オークションやリサイクルショップで、「これいいねぇ(^^)」と、同じモノを見て共感できるようになれたら、楽しいだろうなぁ。
 それまで、気長に待とう。
 
 明日の修了証書授与式が終われば、学童の入所式と小学校の入学式が待っている。
 しばらく、バタバタは続きそうだ。
 
 1人でジタバタは悔しいから、家族を巻き込んで、みんなでジタバタと頑張ることにしよう!
 ヨロシクね、旦那さまるんるん
ラベル:幼稚園 卒園
posted by KON at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。