2009年04月13日

架空請求

 午前中、携帯にCメールが届いた。珍しい。

 何かしらと思って開いてみると・・・
 「サイト料金滞納しています。本日最終通告となりますのでご連絡お待ちしております。」という内容。株式会社名と担当者名と市外局番03(東京)で始まる電話番号が後に続く。

 Cメールだから、送ってきた相手の携帯番号も表示されている。

 最終通告って言ったって、こんなメールもらったことないんだけど。
 それに、携帯サイトなんて全然利用してないし!!

 怪し過ぎる。
 警察に連絡してやろうか。

 とりあえず、auに電話してみた。(au携帯で局番なしの157番)

 「サイト料金滞納というCメールが届いたんですけど」
 そう言うと、電話対応してくれた女性から「架空請求ですね。無視して構いません。と言うか、無視するのが一番です」との返答。

 やっぱり架空請求か。
 でも、まだ不安。

 「私自身は携帯サイトなんて利用してないんですけど、子どもがいたずらしてアクセスしたりした可能性があった場合、Cメールで料金請求がきたりすることはあるんでしょうか?」
 
 すると、
 「携帯の使用料請求時に、ご一緒に請求させていただく形なので、それ以外の方法での請求は一切ありません」とのこと。

 なるほど、気分すっきり。
 安心、納得。

 それにしても、架空請求って、どういう流れになっているのか。
 
 ネットの使用料滞納という名目で、封書での架空請求も何度か届いたことがある。
 旧姓で実家宛。
 しばらく封書を保管していて、一度見比べてみた。
 いずれも違う業者名なのだが、どれもこれも、滞納料金の徴収を代行しているという。

 全然身に覚えがないって!

 「もしかしてアレのことかなぁ」・・・なんて、ちょっと不安に思う人を狙っているんだろうが、『下手な鉄砲も数打ちゃ当たる』的なやり方が、すんごいムカつく!

 旧姓で実家宛なんて、そもそも情報が古い。
 どこで仕入れた個人情報なんだ。

 くだらないことで、神経使わされて、ホント腹がたってしょうがない。

 実際にお金は騙し取られていないとしても、こんな質の悪いメールを送ってくるような人は罰してもらいたい!

 警察の方々へ強くお願いします。
 善良な人間(私)が傷つく前に、やっつけちゃって下さい。
 
posted by KON at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。