2009年10月20日

クレジットカード

 Wiiの「どうぶつの森」で遊ぶようになった娘と息子。

 娘はせっせとお買い物をし、息子はお気に入りの場所を訪ね歩く。

 息子は、アポロさんという村人が大好きで、この頃は「アッポロさんち行ってくるね」が恒例となっている。

 うちの村は、博物館へ行く途中にアポロさん宅がある。
 博物館を目指している時でも、アポロさんの家の電気が点いていると、息子は「あっ、アッポロさん、いるよぉ」と必ず寄り道するほど、アポロさんファンである。

 アポロさんの何がそんなに気に入ったのかなぁ・・・と様子をうかがっているのだが、まったく分からない。
 好きな容姿ということだろうか。

 娘の方は、もっぱらお買い物メインの村生活。
 
 そして、このお買い物で事件は起きた。

 ゲームの中に、クレジットカードというアイテムがある。
 街のグレイシーのお店では、貯金額内の商品なら、このクレジットカードで買えるようになっているのだが、これがとんでもない曲者なのである。
 と言うより、娘が曲者・・・。

 息子は、リモコンが上手に扱えないので、ヌンチャクでゲームを進行。
 すると、リモコンがヌンチャクの先で放置されることになるので、娘が操作したりする。

 まぁ、息子が嫌がらない時はそれでもいいかと思っていたのだが・・・。

 気づいたら、グレイシーのお店に並んでいたのと同じチョコレートデザインのクローゼットが、息子の持ち物に入っていた。
 「あれっ?こんな高いの、誰がプレゼントしてくれたんだろう?」と思いつつ、娘が欲しがっていたお菓子の家具シリーズなので、娘に譲ってあげた。

 しかーし!!

 実は、このクローゼット、娘が買ったものだったのである。
 言っていることが分かるだろうか?

 息子モードでゲーム進行中、娘はグレイシーのお店でいつものように商品チェック。
 いつもは「買っちゃう」を選んでも、お金がなくて「お手持ちが足りませんよ」と断られるはずのところが、息子モードでは貯金が貯まっていて、更にクレジットカードを所持していたことで、そのままお買い上げになってしまったのである。

 後になって、このことに気付いた私は大ショック。

 コツコツと貯めた貯金が、4000ベルしかなくなっていたんである。
 50000ベル以上あったのにぃ・・・・。

 モモを一個売ったって100ベルにしかならないっていうのに・・。
 化石や魚は高く売れたりするけど、基本、博物館に寄贈している私は、チマチマ貯めるしかないというのに・・・。
 
 たかがゲーム、されどゲーム、私はマジで悲しかった。
 マジで悔しかった&腹立たしかった。

 旦那さまには、「ゲームごときで、そんなに怒らない怒らない」と言われたものの、精神年齢の低い私は怒りました。ええ、怒りましたとも。

 とは言え、いつまでも怒っていても仕方ないので、またコツコツ貯金を再開。
 クレジットカードは、所持していると危険なので、息子の家のクローゼットに封印。

 あぁ、恐ろしや、恐ろしや。
 クレジットカードが他人に流用されないように、現実社会でもゲームの中でも、注意が必要です!
posted by KON at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。