2010年01月12日

さようなら、あるみさん

 「どうぶつの森」では、村の住人たちのお引っ越しというイベントが時々あるわけなのだが、自分のお気に入りキャラは引越しせずにずっと村にいて欲しい。

 息子の村には、アリクイの「あるみさん」というキャラが住んでいた。
 私はこの「あるみさん」がお気に入り。
 私が遊ぶ際には(息子の村に住んでいる私専用のキャラ「こんさん」「はなさん」を使用)、必ず「あるみさん」を訪問して会話を心がけ、引越しされないように大事にしていた。

 が、昨年DSが2台になってからというもの、娘と息子は通信して遊ぶことが多くなり、私はなかなか遊ばせてもらえなくなった。
 当然のように、あるみさんを放ったらかしの時間が長くなり、気づいた時には、あるみさんは引越しの荷造り中。
 そして、あっという間に、息子の村からいなくなってしまった。

 私はガッカリ。
 消えちゃった・・・と嘆いていたら、数日後、娘の村に「あるみさん」が現れた。
 ちょっとホッとしたものの、娘の村は、私は基本ノータッチ。
 よその村の人になっちゃったんだなぁと残念に思っていたら、しばらくして、またまた息子の村に引越してきた。

 あるみさんに限らず、他の住人たちも、息子と娘の村を行ったり来たりのお引っ越し。

 通信環境がなかった時には、引越しする=居なくなるということだったのだが、通信環境があると、通信相手との間で引越しすることが多いんだろうか。
 だとしたら、ちょっと安心できるぞと思っていた私。

 遊び始めた頃は何度も村を消してしまったり、いきなり電源を切ったりしていた息子は、今ではちゃんとデータをセーブしてから電源を切り、始める時も「つづきから」を選ぶようになり、こちらもやはり安心して遊ばせていた私だった。

 だが、先週木曜日、事件が発生!

 娘が何か叫んでいた。
 見ると、息子が何か言いたげな目で私を見ている。

 手に持っているのはDS。

 まさか!?そう思って駆け寄り、DSをのぞきこむ。

 すると、「村を消去中」というような文字が!!!

 あーーーーーーっ!

 とっさに電源を切る私。

 「村を作り直す」を選んじゃったのかぁと思いながら、恐る恐る電源を入れてみる。
 始まりのメニュー画面には「つづきから」が消えていた。

 もう大ショック!
 しばし呆然。
 少しして、怒りがフツフツと・・・・。

 お気に入りのあるみさんが消えちゃったのはもちろんだが、私のキャラ「こんさん」「はなさん」も消えてしまった。
 「こんさん」「はなさん」は結構な大金を貯金していたし、カタログ化されているアイテムだって充実していたというのに・・・。

 まだ3才にもならない息子に言っても仕方ないのに「どうして消しちゃうの?」と責めてしまった。
 大人げないと分かっているのだが、文句の1つや2つ言わないではいられなかった。・・・いや、5つ6つは言ったと思うが。

 どんなに怒っても文句言っても、データは戻ってこない。
 パソコンにデータをバックアップするグッズ、先延ばしにしないで、買っておけば良かったなぁ・・・トホホ。

 自分のキャラが消えて、ちょっとベソッた息子は、今はもう新しい村で楽しそうに遊んでいる。
 息子のNewキャラは「しょうたろう」、そして村の名前は「ダブル村」。
 主要な施設と住まいが画面右側に偏って配置されて、なかなか使い勝手良い村である。

 私もダブル村で新たな気持ちで出発だぁ・・・と思いたいのだが、いまだ気分はブルー。
 新しい自分用キャラを作れないでいる。

 今年こそは、自分用のDSと「どうぶつの森」をゲットして、絶対子どもには触らせないぞと、強く強く思う私である。

posted by KON at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。