2010年02月10日

ひと皮むける

 今回の話は、ブログネタ的にはどうなんだろう?・・・と思いつつ、あまりに強烈(私的に)だったので、書いちゃう。
 ・・・下ネタコメント、もちろん削除させていただきます。

 1月の下旬頃からだろうか。
 2才(間もなく3才)の息子が、おチンチンが「いたい」と言うことがあった。

 1日に何度も言うわけではないのだが、最初は「いたい」という言葉だけだったのに、この頃はズボンを自分で脱いだり、おチンチンを手で叩いたりしている姿を見かけたりすることもあり・・・。

 何が痛い原因なのか調べようにも、息子は、まともに見せようとしない。
 外側なのか、はたまた内側なのか。

 皮膚科に行けばいいのか、泌尿器科なのか・・・。

 「子どもは大人の小さいバージョンじゃないから、まずは小児科に」という話を聞き、とりあえず、小児科に連れて行った。
 以前に愚痴ったことがある小児科・・・やっぱり、違う小児科に連れていけば良かったと後悔。

 泣いて抵抗する息子を抑えつけて診察してもらったのだが、あっという間の出来事。
 先生的には、ちょっと見れば分かってしまうのかもしれないが、心配して来ている方からすれば、「えっ?今ので分かったの?」という感じ。

 「とくに何ともないですね」と言われ、ホントにそうなのかと疑問符が増えていく頭の中。
 「でも」と食い下がってみたが、「周りが過剰に反応すると、子どもは余計に気にするようになるから」と先生。

 気にしすぎなのか?

 私が不信に感じているのを察知してか、帰り際、看護師さん?が話しかけてきた。
 子どもがどういう様子なのか、どう痛がるのか、痛がるのはどんな時なのか。

 「様子見て、もし気になるようであれば、皮膚科とかも受診してみてくださいね」と言われ、「様子見て気になったから来てるんですけど!」と言いたいのをグッと堪えて「ありがとうございました」と帰宅。
 ・・・大人だねぇ、私ってば大人な対応だよ。
  
 それから数日、やはり息子は「いたい」と口にする。
 ズボンを引っぱってみたり、脱いでみたり、そして叩いてみたり。

 どうなのよ、これ?
 何ともないかもしれないけど、気になるでしょ?

 息子は自分から「おいしゃしゃん、行く」と言う。
 おとなしく診察されてくれないくせにと思いつつ、今日、政木医院に連れて行った。
 
 以前にもブログに書いたことある政木医院、今日あらためて思った、ここの先生は本当に説明が丁寧。
 状況がよく把握できて、安心できるお医者さん。

 息子は、自分から医者に行くと言ったにもかかわらず、診察の段になったら、やはり抵抗。
 「もう、いたくない」とベソベソする息子を、私は鬼となって羽交い絞め。

 そして、診察を受けるのだが、いやぁ、何と言ったらいいのか。
 私は女だから痛さの半分も分かっていないかもしれないが・・。

 先生は、何と、息子のおチンチンの皮を剥がし始めたのである。
 息子は、そりゃもう、「ギャー、いたい、いたい、いたいよぉ」と絶叫。

 だって、それ、くっついてる?んでしょ?????剥がすの?ベリベリ音が聞こえてきそうなんだけど、痛い?んだよね?????

 疑問符が頭の中を飛びまくり、心臓バクバク。
 状況をよく飲み込めないまま、ただひたすらに、力いっぱい息子をおさえつける私。

 先生の処置の様子を見届けようと思いつつ、顔がゆがむ、眉間にしわが寄る。
 だって・・・。
 少しずつ剥がれていく皮といったら、血がにじんでいるんじゃないのかと思うほど赤くて・・・・ひえぇーーーーー勘弁して下さいふらふら
 
 「はい、終わりました」までが、長かった、長かった。
 実際の処置時間は、それほどじゃなかったと思うのだが、感覚的には、とてつもなく長い時間。

 息子はどんだけ痛かったんだろう?
 拷問の域?

 消毒して薬塗って、それから丁寧な説明。
 絵を描いたり、症例の写真を見せたり、実に分かりやすい。

 男の子は、小学生くらいまでに自然とオチンチンの皮がむけていくのだとか。(まれに、最初からむけている子もいるそうだ)
 息子の場合、むけ始めていて(途中までむけていた)、また、皮とオチンチンの間に汚れが少したまっていて化膿ぎみだったことで、痛みを感じたんだろうという先生の話。

 中には、ひどい膿がたまっていて、処置の途中に、白衣に膿が飛び散るようなケースもあると聞いてビックリ。
 子どもが痛がらない限り、見えない場所だし、気付けないよね。

 汚れと聞いて、お風呂でちゃんと洗えていなかったということなのかと心配になって聞いたのだが、「くっついてるからね、お風呂じゃ洗えないよ。お母さんが剥がしたら一生恨まれるよ。剥がすのは医者がやるから、絶対やらないように」と先生は笑った。

 昔、泌尿器科が少なかった時には、息子のような症状で1日に4人も受診したことがあるそうで、全然珍しいことじゃないらしい。

 せっかく剥がしたのに、また、くっついちゃって、2回も同じ処置を受ける子もいるそうだが、そんなことは滅多にないそうで、これでとりあえずは終わったんだと一安心。
 
 もし、「おチンチンが痛い」なんて言うお子さんがいたら、一度、泌尿器科を受診してみるといいかも。
 ・・・処置はかなり痛そうなので、覚悟が必要ですが・・・。
posted by KON at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。