2010年05月27日

わすれない

 1ヶ月くらい前、3才の息子が「ミッキーさんのいるとこ行きたい」と言うことが度々あった。

 ミッキーさんのいるところ????
 意味が分からないんだけど・・・。

 短い人差し指を振りながら「ミッキーさんの、いる、と、こ、ろ。前、行ったれしょ」

 すみません、やっぱり、意味が分からないんですけど。

 娘がそれを聞いて「ミッキーさんのいるところ?ディズニーランド?」なんて聞き返す。
 息子は「そう!」なんて返事をしたりするのだが、行ったことないでしょ!ディズニーランド!

 ミッキーさんって何のことだろう・・・と考える日がしばらく続いた、ある日の朝。

 保育所へ向かう車の中で、突然、息子が「これ、ミッキーさん?」と聞いた。

 何がミッキーさんだって?

 「何のこと?」そう聞き返す私に、「これのことよ、これのこと」と息子が指差した先はCD挿入口。

 ???
 「・・この歌のこと?」

 「そう!ミッキーさんのところれしょ!ママのれしょ?」

 ミッキーさん?
 ・・・ママの?
 ・・・中島みゆき?
 
 あーーーーーーっ、そうか。

 この時に初めてミッキーさんの意味が分かった私。

 「ああ、ミッキーさんじゃなくてプーさんね。カラオケのことね。この歌をママが歌ったって言ってるのね」

 「そう!ママ、歌ったれしょ!」

 たまに出かけるカラオケハウス時遊館。
 そこのキッズルーム(101)には、子どもの遊ぶ部屋が用意されていて、滑り台の付いたプーさんの家が置かれている。
 息子が繰り返し「行きたい」と言っていたのは、カラオケキッズルームのことだったのである。

 分かってしまえば何ということはない。
 ミッキーさんとプーさんがゴッチャになっていた息子なのだった。

 そうか、そんなにキッズルームに行きたいのかということで、2週間ほど前に、家族でカラオケに行った。
 息子がまともに歌える曲などないのだが、ゴセイジャーや仮面ライダーWを選曲してあげると、マイクを持って雰囲気だけは一生懸命に歌っていた。
 小さな手に大きなマイク、微笑ましいこと、この上ない。

 自分も気分転換になるし、ドリンクバーのソフトクリームはうれしいし、娘も息子も喜ぶし、またキッズルームを予約しよう。

 さて、CDを変えるのが面倒なばかりに、ここのところ、ずーっと中島みゆきを聴き続けている。
 おかげで、息子は私と一緒にフンフンフン(歌詞が適当)と歌うようになり、ちょっとだけ、歌詞も覚えた。

 3才児が「おおかみにぃ〜なりたいぃ」なんて歌うと、おかしくてしかたない。
 息子はウォウウォウウォウという感じで、唸るように歌う。
 ・・・まさか、私がそんな風に歌っているのか・・・。

 つい2日ほど前には、私と一緒に「わすれぇないぃ、わすれぇないぃ、ものも、ここに、あるよとぉ」と歌った。
 「すごいねぇ、よく覚えたねぇ、上手だねぇ」と褒めたのだが、それで気分を良くしたのか、曲が終わってから1人で口ずさみ始めた。

 うんうん、と喜んで聞いていた私だったのだが・・・。

 よくよく耳を澄まして聞いてみると・・あれ?

 「わすれぇたいぃ、わすれぇたいぃ、わすれぇたいぃ」

 !?
 忘れたいのかいふらふら

 1文字違うだけで、意味が間逆なんですけどぉ。
 クスクスと笑いがこみ上げて止まらなかった私である。
posted by KON at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。