2011年02月16日

馬車の護衛

 馬車の護衛・・・難しかった・・・大変しんどかった。

 いったい何の話?
 またも懲りずに『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』の話。

 下手なりにも自分で一生懸命ゲームを進めるのは楽しい・・・それは間違いないのだが、今回に関して言えば、まったく楽しくなかった。
 ゼルダを始めて以降、精神的ストレスが一番大きかったのが、この馬車の護衛。

 結果を先に言えば、金曜の夜、馬車の護衛はクリアした。
 が、何だろうか、このムカムカ感。
 やり遂げた充実感はおろか、終わった安堵感すらもない。

 まだまだゲームは続くと言うのに、今回のこのハードルの高さ・・・これから先、またこんな展開があるのだろうか。
 なんか、心が折れた感あり・・・。

 今回、何度やり直したことか。
 主人公が死んだのは1回なのだが、馬車が炎上してやり直すこと、およそ10回。

 それも1回1回が長くてしんどい。

 主人公は馬に乗って移動だし、イノシシに乗った敵が3人も火矢を放って襲ってくるし、翼のある化け物が空から爆弾を落とすし、火矢が当たれば馬車には火が点くし、私にどないせいっちゅうんじゃ。

 そんなに複数のことに対処できるほど、私は器用じゃないし、ゲームも上手じゃない。

 馬車から離れないように馬を走らせ、イノシシの敵に剣で必死に対応し、ブーメランで馬車の火を消し、そりゃもう超必死な私なのに、空からの爆弾で、馬車は無情にも道を外れていく。
 馬車はグルッと回って元の道へ。

 ヌンチャクの十字スティックで馬を走らせる、コントローラーのAボタンで馬ダッシュ、ヌンチャクのZボタンで注目してコントローラーのBボタンでブーメラン攻撃。
 文章にすると、全然大変さが伝わらない気がするが、ホント、これが難しいの!

 画面を見ながら操作していると、訳が分からなくなってくる。

 Bボタンでブーメランを投げたい、Aボタンで馬をダッシュさせたい・・・でも、Aボタンは、Bボタン攻撃の解除、剣をしまう、馬から降りるにも使われるため、やりたいこととやっていることが違ってばかり。
 だんだん、自分が何をやっているのか、何をやればいいのか、まったく考えられない状況になって、やみくもにボタンを押しまくり。
 もう全てがチグハグな状態に。
 馬も思うように走らせられなくなったりして、イライライライラ。

 ゲーム中に、自分を罵倒しまくり。
 「ふざけんな、何やってんだ。バカじゃないのか自分!」
 「早くこっち行けって!どこ向いてんだ、バカ!早く動けってば!」
 「Bだろ、B。なんでA押してんだ、バカ!」

 私のひどい口ぶりに、気がつけば、息子が横で小さく丸くなっていた。

 何度も爆弾のせいでグルグルと同じところを回り、長い長い苦労と罵倒の末に、馬車は炎上・・・。

 これを何度も繰り返した私の精神的ストレスの大きさが分かるだろうか。

 「ママ、やって」
 息子は、私が頑張ってクリアすることを願って見ているわけだが、私は溜まりに溜まったストレスが胸につまって息苦しい&腹立たしい。

 「ママはやりたくない!」

 「ママ、やって」

 「ママはやりたくないってば!」

 ・・・そんなやり取りを2日くらいした。

 で、金曜日、息子も娘も旦那様の実家にお泊りに行っていたこともあり、アパートには私1人。

 これまでは、何かをクリアするときには息子にもその感動をと思ってきたのだが、今回は、とにかく早く終わりにしたい。
 これ以上、自分の酷い様を子どもに印象付けたくもない。

 ということで、もうやりたくない気持ちでいっぱいなのだが、深呼吸して再チャレンジ。

 ・・・が、やっぱり同じ状況に陥り、さらにグッタリ。苦痛で顔が歪む。

 どうしよう、もう1回やるべきか、やめておくべきか。でも、やらなきゃ当然終わりはこない・・・。

 色んな事に対処する能力は私にはないのだから、何か1つに集中してみよう。
 馬車が炎上するまでには時間があるし、主人公が死ぬことは稀なようだし、とにかくコースアウトさせないために爆弾投下を防ぐことを最優先しよう。

 相手は空を飛ぶ化け物のみ・・・そう思えば、ちょっと気が楽。

 すると、画面も落ち着いて見られるようになった気がする。

 主人公が近づくことで表示される攻撃対象への黄色い三角マークにも、今さらのように気づき(今まで何を攻撃していたんだ、自分)、「そうか、攻撃したい奴に黄色いマークが付くように主人公を移動させればいいのか」

 攻撃したい相手を目指して十字スティックを動かし、黄色いマークが付いたらZボタン→Bボタン。
 馬車の火の量が多くなったら、馬車を目指して十字スティックを動かし、Zボタン→Bボタン。

 あれれ?すごーくいっぱいやることがあったような気がするのに、後からこうして整理してみると、シンプル?

 何度もやり直したことが嘘のように、あれよあれよという間に、目的地のカカリコ村へ到着し、何事もなかったかのようにゲーム続きのムービー再生。
 よくわからないうちにクリアになっていて、なんだか消化不良ぎみ?
 感動薄っ!

 今回は、ガッツポーズも万歳もなかった。
 ただ疲れ果てて肩を落とし背中を丸くして座りこむのみ。

 ここ数日は、息子がハイリア湖で楽しそうにしている。
 お気に入りはオウムのスモモちゃん。
 「ニンゲンニハ、ヨウハ、ナ〜イ」がツボにはまるらしい。

 あぁ平和だ、馬車の護衛で、あれほどイライラしたのがウソのように平和だ。

 次の舞台はゾーラ族の湖底神殿。
 一度進入したのだが、平和な時間が恋しくて戻ってきてしまった。

 さてさて、また頑張るぞーと気合が入るのは、いつのことだろうか。
posted by KON at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
馬車の護衛お疲れ様です!
(^^)
湖底神殿はクリアしましたか?

地震ひどかったですね。
北海道は震度4程度のものですが、そちらは大丈夫でしたか?
まだまだ安心できないですが、影響が少ない事を祈っています。
Posted by よしパパ at 2011年03月12日 06:09
よしパパさん、ご心配いただきありがとうございます。ご無事で何よりです。

山形は震度5程度、私の人生の中で最も大きく長い地震でした。
停電で信号がつかない&暗い夜が2日も続いたことも初めてで不安になりました。

ひどく揺れたと思いましたが、アパートでは家具が転倒することもなく、建物が崩壊するような揺れとはどのようなものなのかと恐ろしくなりました。

ニュースを見るたび津波の恐ろしさも改めて思い知らされ、そして亡くなった方の多さに心が痛くなっております。

(ゼルダは、湖底神殿、砂漠の神殿をクリアしました。大変な状況を思うに非常識とは思いつつ、また少しずつ進めていこうと思っています。)
Posted by KON at 2011年03月15日 14:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。