2011年03月15日

自分にできること

 津波による死体が何百・・・凄惨なニュースに顔が歪みます。
 神様がいるのだとすれば、いったい何をしていたんでしょうか。

 おじいさんが「孫がおばあさんとほっぺをくっつけて(亡くなっていた)」と声をつまらせていたテレビの映像が忘れられません。

 津波に襲われ、可愛い孫だけでも助けたいと思いながら助けてあげられなかったおばあさんの無念さはいかばかりか、おばあさんに必死によりそった子どもは、どれだけ怖い思いをしただろうか、孫の亡くなった姿を見ることになったおじいさんの悔しさはどれほどかと、何度も何度も考えては涙がこみあげてきます。

 あり得ない現実が、地震以降、被災地では繰り返されているのですね。

 私の実家の近所のお嫁さんは、岩手の海近くに実家があるそうです。2人目の出産で、実家に帰っていたそうですが、そこで地震に遭い、今現在連絡が取れていないと聞きました。

 被災地には、妊婦さんも、生まれたばかりの赤ちゃんもたくさんいたんだろうと考えると、いたたまれません。

 地震の時間を考えれば、帰宅途中の小学生だっていたかもしれません。
 1人で帰宅中に津波に遭ったら・・・たった一人で避難しているとしたら・・・心細くしている子ども達がたくさんいるのかもしれません。

 被災された方々、亡くなった方々にかける言葉も見つからず、結局は日々の自分の生活に追われている私です。
 ガソリンがなくて困った、スーパーに食材がなくて困った・・・自分のことばかり。
 
 被災地の隣人でありながら、何もしないでいるなんて・・・でも、何か自分にできることがあるのか・・・。

 ここ数日、そんなモヤモヤした気持ちでいたのですが、GACKTさんの「SHOW YOUR HEART」というページを見つけ、私も募金に参加することにしました。
 募金なんて自己満足に過ぎないと思う人もいるかもしれませんが、物資を届けることも現地にボランティアとして行くことも難しい自分には、募金や献血くらいしか手段がないかと思うのです。

 ささやかな額なので、確かに自己満足ですが、それでも多くの人が参加すれば大きな力になることは間違いありません。
 心配する気持ちだけあっても誰も救えないのですから、まずは小さな一歩が大事と信じます。

 色んなところで募金活動は始まっているでしょうから、自分が信じるところで募金すればいいかと思います。
 私は、男気あるGACKTさんならと信じるからこそ「SHOW YOUR HEART」に賛同しました。・・・ちょっとばかり自分のミーハーさも否定できませんが・・・。

 明日は献血に行ってきます。
 そして日々の節電、節水です。

 亡くなった方々のご冥福と、助けを待つ方々が一日も早く救助されますよう心よりお祈り致します。

 ↓ SHOW YOUR HEART
 http://static.hangame.co.jp/hangame/extra/showyourheart/index.html
posted by KON at 14:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無事で何よりです。よかった!安心しました!


本当に言葉にならないくらいの想いがこみ上げてきますよね。
そして、無力さにいらだちも。。。

我が家はコンビニ業なのですが、被災地で行方知らずになっているオーナーさんも多数いるそうです。
募金、節水、節電。。。できることやっていきましょう。

実は祖母の兄妹が山形にいるのですが、連絡がとれていないようです。
ご老体なので無事だといいのですが。。。
母方の親戚の息子さんは、被災地にいたそうですが、転勤の為仕事が休みで助かったそうです。

テレビでみるだけですが、自然の恐ろしさを痛感しました。
Posted by よしパパ at 2011年03月16日 05:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。