2012年04月11日

オトダマ

 気づけば4月半ば。
 1年の3分の1が過ぎようとしていることに、ちょっとビックリ。
 新年を迎えたばかりのような気がするのに…。

 そして、前回のブログから1ヶ月経過していることにも、またビックリ。

 この1ヶ月、モンスターハンター、メトロイド、どうぶつの森、トワイライトプリンセス(ゼルダ)などで子どもが遊ぶも、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』は1回も遊ばれず…。

 気にはなっていたのだが、私が率先して始めたのでは、「封印されしもの」担当が私になってしまうのでは…と考えると、恐ろし過ぎて手が出ず。
 息子が遊び始めることを期待して待っていた次第。

 念願叶い(大げさ)、昨日、息子がゼルダを始めた。
 
 前回、リンクをバドのマシンに乗せて飛ばすところまで出来ているので、「飛ばす際に落下地点をよく確認さえすれば問題なし(封印されしものをクリアできる)」のはずなのだが、息子は今回も、適当に飛ばしてしまい、全然見当違いな場所にリンクを移動させてしまった。

 「だからぁ、急がないで、ちゃんと見て飛ばさないと(ダメじゃん)」
 余計なダメ出しをしてしまった私。

 息子は、見る見る凹んで泣きべそ。
 「REIくんはヘタくそなの!」
 「ママがやればいいでしょ」
 
 …しまった。
 やばい状況だ。

 確実にクリア圏内の息子なのに、私にバトンタッチしたらクリアが遠のくこと必至。

 「まだ1回しかやってないじゃん」
 家事など始めるふりで、静かにその場を立ち去る私。

 息子、再チャレンジ。

 すると、あっという間に封印されしものを2回転がし、リンクをマシンから飛ばす展開に。

 息子「早いでしょ。もう飛ばすところだよ」

 私「まだ時間あるから、ゆっくり。(封印されしものの)頭の上をよく狙ってね」
 
 時間に余裕がたっぷりあり、息子の位置調整、かなり慎重。

 そして、ついに「やった!REIくん、やったよ」
 
 遠くから見ていた私も一安心。

 念入りに息子に感謝&もちあげまくり。
 「おかげ様で、先に進めます」
 「ありがとう!ありがとう!」
 「やっぱりクリアできたじゃん」
 「すごいね。さすがだね」

 ニコニコ満面の笑みで「やっぱりボスはREIくんだね」と得意げな息子だった。

 封印されしものをクリアして向かったのは、水没したフィローネの森。
 
 以前走り回ったフィローネの森を眼下に、澄んだ湖を泳ぎまわる。
 
 知った景色を上から見下ろすというのは、何とも愉快で気持ちがいい。

 水龍様からオトダマ(音符)を集めるように言われて、あっちこっちウロウロ。

 すんなりオトダマがゲットできず、ちょっぴりもどかしい思いをしたものの、時間制限があるわけじゃないから、試練と違って超お気楽。

 オトダマ達はとっても可愛いし、楽譜が完成に近づいていく様子にワクワクするし、自分のヘタクソ操作を嘆いている&めげてるヒマなし。

 今朝、全てのオトダマが集まりましたぁ♬
 ヤッホーイ♪

 出来ることなら、色々しんどい現実から逃避して、フィローネの森でオトダマと遊んでいたい…。
 そんなコトを思ってしまいました(^^;

 オトダマ集めのような、のんびりゲーム展開が、しばらく続いてくれたらうれしいなぁ(強く希望)。
posted by KON at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。