2008年06月01日

勘違い

 数日前、NHKを見ていたら日本人の多くが間違って使っている単語の話をしていました。

 1つは「シュミレーション」。

 実は私も数年前まで勘違いしていました。
 正しくは「シミュレーション」。
 旦那様に間違っていると指摘されて、にわかには信じられなかったのを覚えています。それからは意識して「シミュレーション」と言うようにしていますけど、言いづらいったらありゃしない。
 ミャミュミョって、あんまり言う機会がないからでしょうか。

 2つめは、「アタッシュケース」。

 これのどこが?って思って番組を見ていたら、正しくは「アタッシェケース」と言うんだそうな。
 えぇーーーーっ!マジすかぁ!?・・・でも、日本人の多くがそう勘違いしているんだとしたら、今さら正しく言うのは逆に恥ずかしいんじゃないかとも思ってしまいました。小心者ですバッド(下向き矢印)

 数年前まで勘違いしていたものに童謡もあります。

 童謡(唱歌?)で勘違いって言うと、「ふるさと」の歌詞の「うさぎ追いし」を「うさぎ美味し」だと思っていたっていうのをよく聞きますが(冗談のようだけど本当なのかな?)、私の場合は「かあさんの歌」。
 みなさん分かります?「かあさんが夜なべをして♪」っていう出だしの曲です。

 私が勘違いしていたのは2番。
 「かあさんは あさいとつむぐ いちにちつむぐ」っていう歌詞なんですが、私はコレを「かあさんは朝糸紡ぐ一日紡ぐ」だと思っていたんです。
 勘違いしている箇所分かります?「朝早くから糸を紡ぎはじめて一日ずっと紡いでいるんだ」っていう意味だと無意識に思っていたんですが、ある時歌いながらハッと気づいてしまったんです。
 「麻糸なんだ!」とexclamation&question

 ことわざの意味なんかも全然逆に思っていたりすることも多いし、まだまだ勘違いして覚えていることがたくさんあるんだろうなと思います。

 子どもに間違ったことを知ったかぶりで教えたりすることがあるかもしれないと考えると、ちょっと怖い、かなり恥ずかしい・・・。

ラベル:童謡 勘違い NHK
posted by KON at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。