2008年06月16日

子どもの成長

 子どもの成長は目に見えて早いとはよく言ったものだ。1歳3ヶ月になるうちの息子、ここのところ、知恵(悪知恵?)が働くようになったと感心する。

 うちにはパソコン部屋と呼んでいる部屋がある。
 そこに奥行き30センチ強、幅160センチくらいの出窓がある。
 すぐ横には娘用のパソコンを乗せたテーブルが置かれている。ゴチャゴチャとオモチャやペンや紙も乗っている。

 そこで作業するために高さのあるベビーチェアを利用しているのだが、1歳を過ぎたくらいから息子がそのイスに上るようになった。

 ただ上るだけなら「上手に上ったねぇ(^^)」で良かったのだが、そのうち、立ち上がったり、テーブルに乗ったり、出窓にまで乗り移るようになってしまい、大変危険なので、イスをテーブルから離すようにした。

 うちの出窓には、柵も何もない。ガラスが割れたり、窓枠が万が一にも外れたりしたら、そのままコンクリートの地面に落下するしかない。考えただけでも恐ろしい。

 息子が1歳2ヶ月後半の頃だろうか、パソコン部屋からガタガタギコギコ音がしていた。
 また何か悪さしているな、と思いながらしばらく放置。
 静かになったと思って部屋をのぞいてみると、なんと、出窓に立っていた。「ひーーーーーーっ!!」窓が閉まっているとはいえ、怖い、怖すぎる。床に落ちても大変!

 出窓のすぐ側にイスがあって、その時にはイスを離すのを忘れたのかもしれないと思ったりしたのだが、その直後、イスをズリズリ押したり引いたりして窓際まで移動している息子の姿を目撃。
 ・・・・・マジすか。
 自分でイスを運んで使うなんていう芸当ができるようになってしまったんですか・・・。
 褒めてあげたい気もするが、そういうわけにもいかない。

 日曜日には、実家でおじちゃん(私の弟)に力一杯遊んでもらって大喜び。
 抱えられていた状態から床におろされ、満面の笑みで数歩歩いたと思ったら、ガラス戸に両手をついて顔を押しつけて突然「ウアーンアーン」と泣き出した。
 「もう一回やるか」と、おじちゃんが近づくと、顔をあげて手を伸ばした。
 その顔に涙のあとはない・・・!?
 マジすか。今のは嘘泣き?
 妹と2人、絶句&大笑い。偶然か、それとも悪知恵なのか。

 実家で遊んでいてビックリしたことが1つ。
 シャボン玉ができたのである。
 娘はたしか1歳半くらいではシャボン玉を吹くことができなかったから、息子の方も当分先のことだろうと思っていた私だった。
 タンポポの綿毛を吹こうとはするものの「ぷぷぷ」と言っちゃうような状態で、一度も飛ばしたことがなかったし、シャボン玉なんてやらせたら、液を飲んで終わりだろうと思いこんでいた。

 そう言えば、息子は空のシャボン玉の容器とストロー?を持って、よく遊んでいた。
 ストローを容器にカチャカチャ差したり出したり、ストローを口にくわえたり。ずーっとシャボン玉がしたかったのかもしれないなぁ。

 ごめんね、できないなんて決めつけて。以後気をつけます。
ラベル:子育て
posted by KON at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

怒らせないで

 世の中のお母さんたちは、どんな風に子どもと接しているんだろうか。私は毎日毎日怒っている。叱っているのではなく、感情的になって怒っている。大きな声で怒りながら「そこまで言わなくても」「そんな風な態度をとらなくても」とささやく自分の声がいつも聞こえている。

 とくに朝。起こしても起きてこない娘。幼稚園のバスが来るまでに支度を終えなくちゃいけないというのに、ダラダラダラダラ。「早く食べちゃいなさい」「着替えるか歯磨きするか、どっちかやりなさい」「トイレ我慢しないで行きなさい」「隠してるオモチャを出しなさい」・・・・毎朝同じコトを言ってる自分にうんざりする。

 朝が来た時点で前の日のことをリセットしていなくちゃいけないのだけど、「また同じコトを言わせるのか」と思ってしまって昨日の続きモードで怒ってしまう。
 テレビを見せているのが悪いとも思うけど、習慣になってしまっているし、下の息子にずっとまとわりつかれては何も進まないので、やはりテレビ(NHK)に頼ってしまう(・・息子はまだテレビの魅力があまり分かっていないけど)。
 娘はテレビを見ている時は、こちらがどんなに大きな声で呼んでも聞こえない。まったくと言っていいほど返事をしない。ただ「オモチャ捨てる」とか自分にとって不都合な話だけは聞こえるらしく反応する。

 アレやれコレやれと言い過ぎなのかもしれないと思い、「8時までにはコレは終わらせようね」なんて約束して放っておくと、その時は「分かった」と言うものの結局動かない。「時計見てね、約束した時間過ぎたよ」なんて声をかけても無視。
 いったい何なんだ!どうしてそんなに怒らせたいんだ!

 「私ばっかり怒る」「私のこと嫌いなんだね」なんて娘に言われたことがある。逆に「あなたがママのこと嫌いなんでしょ!」なんて言い返して私も大人げない。そのままいつもガチンコ突入。そして悲しくなってしまう。
 娘が小さかった頃はほとんど怒らなかったけど、娘の手前、息子も怒らないわけにはいかず、息子が叩いたり髪を引っぱったり本を破いたりした時には怒るようにした(まだまだしょうがないんだけど)。恐ろしいことに、怒ることに慣れてしまって、息子もバシバシ怒られている。
 情緒不安定な子にならないだろうかと心配。最近、大きな声を出して反抗的な態度を見せたりする。怒られている影響だろうか。と言うか、娘に対して大きな声で怒っているのを側で聞いているのだから、それも悪影響を与えているのは間違いない。

 「お願いだから怒らせないで」が口癖になってしまった。怒らないように努力・工夫しろよって話なんだけど、それは分かっているんだけど・・・、なんでかなぁ、どうしてこうなっちゃったのかなぁ。
 幼稚園に行く前はまだ平和だった気がするんだけどなぁ。子どもが2人になって、娘に自分で出来ることは自分でやってもらわないと困る、みたいな親の都合があるんだろうなぁ。
 まだ5歳なんだもん、もっと構ってもらいたいんだよね。弟ばっかりギュウされてたら面白くないよね。

 今日寝て起きたら、いっぱい深呼吸して娘に関わってみよう。大きな声を出さずに朝を過ごしてみよう。何か変化あるかな。
 そうだ、ガンバレ、自分!
 
ラベル:子育て
posted by KON at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

公園

 今日は娘の幼稚園が午前保育だったので、実家の母と姪っ子を誘って、お昼から49号線沿いにある山辺の公園に出かけた(現地集合、現地解散)。

080611_1414.JPG この公園は、娘が小さい頃に時々利用していた。
 以前はアパートが陣場南だったから車で5分ほどという近さだったし、いつ行ってもほとんど人がいなくて貸し切り状態だったし、トイレや屋根付きの休憩場所があるのも魅力的だった。
 それに広くないこと、地面が柔らない土(草も生えてる)だっていうこともGOOD!転んでもあんまり痛くないしケガも少ない、転ばないようにと終始ハラハラしていなくてもいいんである。
 今は車で10分ほど、そう遠い感じはないのだが、なかなか行けないのは私が単に面倒くさいからだろうか。

 遊具はドーンとすべり台があるだけ。それに雲梯(うんてい)や縄ばしご?が付いている。
 すべり台の頂上は、子どもが3、4人立てるくらいのスペースがあるし、左右に高い柵があるので、どこからか落ちてこないかという心配も少ない。
 ただ、小さい子が上りやすいように、段差の低い階段があれば尚良かった。1歳3ヶ月の息子は、体をめいっぱい使って、Tシャツ汚しまくりで上っていた。

080611_1408.JPG 息子が一番気に入ったのは、縄ばしご(ホントは何て言うんだろう?)。
 落ちたら困るから背後には補助を配置(母)。
 でも、それも必要なく1人で上っていく様子に、「もう赤ちゃんじゃないんだなぁ」と、うれしくもあり寂しくもあり・・・。

 娘はおサルさんのようにスイスイと雲梯を渡り、「みて〜っ!」「みて〜っ!」と叫びまくり。
 「すごいね」と褒められたのがよほどうれしかったのか、何回も何回も雲梯を繰り返し、とうとう手のひらの皮がむけた・・・「いた〜い、いた〜い、痛いよぉ、あーんあーん」と泣き叫ぶ。

 何故なんだ、何故、いつも何かしら起きるんだ。何故、何事もなく平和に終わらないんだ。
 それが、子どもだからなのか・・・。

 風が吹くと気持ち良かったけど、外に長くいるには暑かった。
 思ったより日差しも強くて、帽子を忘れた私はグッタリ。
 姪っ子と娘に「オニになって。追いかけてきて」と言われ、やけくそで「わりぃ子はいねがぁ」と追いかけ回し、いつの間にかノリノリで走っていた私だったけど、止まったとたんに汗がふきだした&死んだ。

 子どもの運動量って、ホントに半端じゃない。
 あの体力、私には化け物に思える・・・でも、最近寝てくれなくて悩みの種だった息子が、今日は20時前にコロリと寝た。
 お昼寝を30分くらいしかしてなかったっていうのもあるけど、いっぱい外遊びしたから疲れたんだろうな。娘も30分くらい遅れて、やはりこちらもコロリと寝た。

 寝顔は、化け物どころか、やっぱり天使だね黒ハート
ラベル:公園 山形 子育て
posted by KON at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

やまがた子育て応援パスポート

 どこの都道府県でも、子育て支援に何かしらの力を入れていると思いますが、山形県には『子育て応援パスポート』というものがあります。
 ものすごく画期的とか生活にゆとりが・・・というほどじゃありませんけど、ちょっと得した気分になれてうれしいサービスです。

 「妊婦さんや未就学児のいるご家庭に対して、パスポートカードを交付し、事業協賛店・企業においては、パスポートカードの提示があった場合には、商品購入額の割引やポイントの加算といったサービスをご提供いただく」(山形県HPより)というものなんですが、山形に生活している対象ママさんたちは当然利用していますよね?・・・対象者なのに、まだパスポートを持っていないママさん(パパさん)がいたら、ぜひもらって下さいね。山形県のHPチェック↓

 平禄寿司では10%割引、マクドナルドではハッピーセットが50円引き、ミスタードーナツでは(店舗によって違う?)10個まで20%割引、ミルキィウェイではお一人様ドリンクバー無料、日米商事GSでは給油時の水洗い洗車が無料、うさちゃんクリーニングでは30%割引、などなど、私もほとんど知らずにいたけど、せっかくのサービスだから利用しない手はないです。

 協賛してくれているお店は増えているみたいですけど、全然知らずにいることが多いのがネック。
 お店に行けば貼り紙とかしてあるけど、会計済ませてから気づいたりして「あぁっ・・・」みたいな。
 時間のある時に「協賛店検索システム」利用してみるといいんじゃないかな。シンプルで使いやすいシステムでしたよ。
 山形県のHPチェック!

 平成22年3月末までとなっているサービス期間は、ぜひ延長して欲しいです。
 それに未就学児じゃなくて、せめて小学校低学年くらいまではサービス対象にして欲しい。・・・小学校卒業までなら、なおうれしいが。

 山形ではこんなに子育てが楽しいよって自慢できちゃう子育て支援のプログラムが、これからもどんどん企画・実施されることを期待しています。
 よその県では、どんな子育て支援が行われているのか、いろいろ聞いてみたい。

 協賛店検索システムやパスポートの交付方法などチェックしてね  http://www.pref.yamagata.jp/ou/bunkakankyo/050013/kosodateouen-passport.html
ラベル:山形 子育て
posted by KON at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。