2013年05月22日

ゲーム三昧

 ちょっと振り返って、過去のブログを読んでみた。

 1つの記事とは思えないゴチャゴチャ・ごった煮感で、自分の文章ながら笑えない。

 長いコト放置すると、その間に色々書こうと思うネタに遭遇するのだが、ポロポロ忘れてしまうため、記憶が断片的になってしまう。
 何とか覚えているコトだけでも書き残そうと記憶をつなぎ合わせ、気づくと、ゴチャゴチャ・ごった煮文章になっている。

 反省はするのだが、たぶん、きっと、これからもそんな感じ……。

 一昨日、ニンテンドーランドが遊べるようになった。

 いきなりで意味が分からないと思うが、実は、しばらくニンテンドーランドが遊べない状況だった。

 娘が友達と遊ぼうとして「フリーズした」と話していたのは、数週間前のこと。
 「再起動すれば遊べるでしょ」くらいで取り合わなかったのだが、同じようなコトを何度か言われていた。

 先週、息子と娘が遊ぼうとして「動かない」と抗議され、電源を入れ直させたのだが、やはり「動かない」と言う。 

 そんなはずないでしょうよ!と半分キレながら、自分が操作してみると、あれあれ、どうしたことか、やっぱり動かない…。

 そんなはずはないと自分に言い聞かせ、何度か操作してみるも、ニンテンドーランドのタイトル画面でフリーズするばかり。

 娘が言うには、友達と遊ぼうとしても動かない&再起動しても動かなかったとのことで、ずーっと遊んでいなかったらしい。
 電源入れ直しで遊べているのだとばかり思っていたのに…。

 モンスターハンターはずっと遊べているし、マリオ(WiiU)やWii用のソフトもちゃんと遊べることを確認した。

 何故?どうしてニンテンドーランドがフリーズしてしまうのか。

 サポートセンターに電話をかけ、問題は20分ほどで解決した。

 WiiUの本体更新後(3.0.0J)に?、ニンテンドーランドの起動画面でフリーズしたという症例があるらしい。

 教えてもらった対処法は、本体設定→データ管理→データを整理する→本体保存メモリー→NintendoLandから、更新データを消去。
本体設定

 その後、ニンテンドーランドを起動すると、自動的に更新作業が始まり、数分後にはニンテンドーランドが遊べるようになった。
 ずいぶんとあっさり…。

 フリーズする症状全てがそれに該当するとは言えず、何でも削除すればいいわけじゃないようなので、もし同じような不具合で困っている場合には、とりあえずサポートセンターを頼るのが正解と思う。

 補足情報:システムは、現在、3.0.1Jが最新バージョン。(5月21日更新)

 さてさて、子どもが遊んでいるゲームのことを少々。

 最近の週末のメインゲームは、『モンスターハンター』。
 息子がパパと一緒に頑張っている。

 資源集めを面倒くさがってグズグズになったり、パパの武器の方が先に強化されてベソベソになったり怒ったり、パパからすると楽しいとばかりは言えない状況なのがお気の毒。
 とは言っても、操作も早いし、マップも隅々まで把握しているし、狙った部位を攻撃&位置取りなども上手になっている息子は、パパの狩り仲間として、それなりに認められていると思われる。
 っていうか、お互いに唯一の狩り仲間だから、認め合うしかない。

 たまに2人が苦戦している様子の時には「ママが助けてあげようか」「ママも一緒に狩りに行ってあげる」と冗談半分に言ってみるのだが、息子に全力で阻止される。

 「ママ、ムリ、ぜったいムリ」
 「ママ、来ちゃダメ」
 「ママが来たら、やられちゃう」

 …私のゲームレベルって一体…。

 入学時には、卒園&入学祝として『ルイージマンション(3DS)』をプレゼントした。
 クリアには長くかかるだろうと思っていたら、半べそ&グズグズを繰り返しながら、3日ほどでエンディングを迎えてしまった。
 テレサを全部探せていない?とかで、今も時々、思い出したようにプレイしては、前より上手になっていると自画自賛の息子だ。

 『ルイージマンション』は、全体的な雰囲気が好きだし、謎解き要素などにも心惹かれ、私もぜひ遊んでみたいと思っている。

 『どうぶつの森』は、しばらく放置していたので、ラフレシアが咲いたと聞いた。
 草もボウボウ生えているそうで、何とも嘆かわしい。

 草取りしろと言うべきか、言わざるべきか…草取りしろって言ったら「ゲームしろって言ってることになるのか」と躊躇している。

 娘の方は、飽きることなく、毎日毎日毎日、どうぶつの森で遊んでいる。
 すでに中毒?

 今は青いバラを咲かせることに一生懸命な様子。
 自分の村の金のバラと、友達の村の紫のバラ&オレンジのバラをトレードしたそうだ。
 紫とオレンジから、赤いバラを作り出して、赤と赤で青バラを作れるとか何とか…。

 どう配置すれば青バラになるのかと聞かれたが、配置なんてものが重要なのか…?。

 適当にまとめて植えたらいいんじゃないの。(不親切な回答)

 いまだ咲いたという報告はない。

 ちょっと前になるが、娘が「リセット監視センターが開いてる!」とご機嫌な様子だったので、私も画面をのぞいてみた。
 すると、リセットさんとラケットさんが何やらお取り込み中。

 Wiiの時には、ラケットさんを見ることは叶わなかったので、初ラケットさんに私もテンションUP。

 リセットさんが「A押しながらレンジャーってゆうたらあかんで」「絶対ゆーなよ」「たぶんデンジャーもあかん」などと忠告を繰り返し、娘はAボタンを押しながら「意味が分からない」とボヤいていたので、「言うなっていうのは、言えっていう前振りだろ」と、横から私が「レンジャー」と叫んでやった。

 すると、画面が赤くなり、緊急スクランブル発動の模様。

 リセットさんは、私と娘とラケットさんの見守る中、ロケットのように噴出され、「レンジャー」と叫びながら飛び立って行った。

 しばし呆然。
 そしてニマ〜(〃^^〃)

 誰がこういう細かいネタを考えたんだろうか。
 楽しいい、すごく楽しいい♪

 娘がやめられないのも分かるよなぁ。

 娘がはまっているQRコードの読み込み(よそ様の作成したマイデザイン)や、よそ様のキレイな村への訪問(夢見)などなど、夢と憧れが大きくふくらむ『どうぶつの森』。

 私もいつか参加したい。
 何が何でも参加したい。
 今年こそは実現したい。

 …口ばっかりだけど、夢語るぐらいイイよね…。

 先週土曜日に、WiiUバーチャルコンソールの『スーパーメトロイド』をダウンロードした。
 今なら30円…いいのか、そんなに安くて。

 メトロイドはWiiで遊んだので、今さら昔のメトロイドで遊ぶはずがないと思った私だったのだが、予想に反して、息子は結構ハマッている。
 
 操作に何ら戸惑うコトもなく、とくに説明は必要ない様子。
 まだ始まったばかりではあるが、慣れたものだと感心して見ている。
メトロイド

 昨日は、同じところでゲームオーバーになりまくり、ベソベソ、グズグズ。
 ENERGY6個(息子はハート6個と言っている)でセーブしてしまったので、ゲームを再開すると、当然ENERGY6個からスタートという危機的状況になってしまい、やる気を削がれていた様子。

 この状況を乗り越えられるか、乞うご期待?と思っていたら、今朝の登校前に半ベソになりながら、ゲームを先に進めていた。
 ようやく、有野課長がやっていたという(私は記憶がないが)ボスにたどり着き、何度もやられまくり、こりゃ登校前には決着つかないだろうなぁ、グズグズにならないといいけどなぁと私の心配は大きく。
メトロイド

 が、ちょっと目を離したすきに、「ヤッター!ボス、倒したぁ」の声が。
 …見たかったなぁ、倒す瞬間。

 息子は、そりゃ気分良く登校して行きました、はい。
 めでたし、めでたし。
メトロイド

 私自身のゲーム状況といえば、最近のマイブームは『ロンポス(パズル)』。
ロンポス

 …これってゲームって言わないかな?
 オモチャ?

 ちまちま進めてきたのだが、レベル6でつまずき、思うように進まない。あーでもない、こーでもないと、1人ブツクサブツクサ。

 でも、悩みまくって、最後のピースがさくっとおさまった時には、気分上々♪
 「私って天才」(^^)

ロンポス

 ちょっとした時間で遊べて、場所も取らず、価格もお安く、頭の体操&ボケ防止にもなるであろう「ロンポス」。
 すべての人にオススメ。
 ぜひお手元に!
posted by KON at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

めっちゃ楽しい

 4月7日、学童の入所式。
 4月8日、小学校の入学式。

 息子が1年生になって1週間経過した。
 息子本人は元気いっぱいだが、私はちょっと疲れた。
 明日が土曜(学校休み)でホッとする。

 入学式の日の持ち物に、『さんすうボックス』(盛り沢山の算数アイテムが詰まった箱)というのがあった。
 が、名前付けをせずに放置していたので、入学式前日に夜なべした。

 名前シールはオマケで付いてきたから、ただ貼るだけだったのに、どうしてギリギリまで放ったらかしなのか。
 娘の入学時も細かい作業でイヤになったのに、どうして早めにやってしまわなかったのか…。

 学習能力がない?
 後悔先にたたず…。

 色々こまごまと充実している『さんすうボックス』
 子どもは目をキラキラさせて「さんすう」という勉強がさぞ楽しいだろうと期待に胸をふくらませるわけなのだが、おはじきや足し算・引き算カードなど1つ1つに記名という面倒くささに、私の眉間には深い深いシワがよるばかり…。
 おはじき用の小さい名前シールなんて、超イライラする。

 鈍くさいせいで作業は夜遅くまでかかり、寝たと思ったら、あっという間に朝が来た。

 弁当を作らねば。

 1年生の給食は来週半ばから始まるそうだ。
 それまでは学校は午前のみ。
 息子は学童コースだから、学童で食べるお昼ごはんを持たせなくちゃいけない。

 子どもの弁当なんて量も少ないし、これと言った難しい注文もないし、キャラ弁なんていう凝ったこともしない(出来ない)し、そんなに面倒でもないのだが、登校に間に合わせないといけないっていうのが気分的にイヤ。
 ちょっと早く起きなきゃいけないし、慌ただしさが増すし。
 連日、弁当だなんて、気分が滅入る。
 

 今週は、新たに用意した袋モノとか持ちモノとか、全てに記名をしていなかった(オイオイ)せいで、夕飯が終わってから毎日、何かしらの名前付けをしていた。
 『さんすうボックス』で終わりじゃないのさ。

 ペンで書いちゃえばいいんだろうが、私はイヤ。
 極力、直で書きたくない。
 ま、教科書とかノートには書いたけどね。

 袋モノとか、学童に置いておく着替え用の衣類とか、給食着とか、赤白帽子とか、自分のへたっぴな字がずーっと人の目にふれるなんて考えたくない。

 アイロンプリント用の用紙に学童用だの学校用だのを区別して名前を印刷し、ハサミで1つ1つ切り離し、綾テープ(って言うのかな?)にアイロンでくっ付けて、それを縫い付けて…そんなこんなで、毎日細かい作業に追われた。

 ……仕事を貯めこんで、仕事を増やして、どう考えても、自分で自分の首をしめているとしか言いようがない…。

 そんな1週間だったもんで、やっときた週末が、本当にうれしい。
 まだ全ての名前付けが終わってはいないが、今日はやーらない。
 月曜に持って行くモノは、日曜日にやればいいや…って、これだからダメなんだっつーのぉ!!

 さてさて、入学したばかりの息子。
 学校も学童も「めっちゃ楽しい」そうだ。

 登校1日目の朝には、学校用の連絡袋と学童用の連絡袋を手に持って、「こっちが学校で、こっちが学童で…。こっちが学童、あっ、間違った…」と、何度も1人で繰り返し確認している姿が頼もしかった。

 初めての通学班での登校では、まだ勝手が分からない様子でキョロキョロ。
 班長さんとの距離がどんどん開き、「班長さんを追いかけて。離れなーい」の声掛けにダッシュしていた。

 学校ではどんな様子で過ごしているだろうかと、多少気になり、1日目は早く迎えに行ってあげようと思っていたのだが、仕事を抜けられず6時ギリギリに学童へ。

 「遅い」って言われちゃうかなぁと思いながら迎えに行くと、体育館で伸び伸び走り回り側転まで披露する息子の姿が。
 そして声を弾ませて「楽しい!」
 
 先生からは「遊ぶの上手ですね。誰とでもすぐ仲良く遊べますね」と言われ、心からホッとした。
 これは、4年以上もお世話になったベビーセンターのおかげだろうな。
 赤ちゃんから小学生まで色んな子がいる中で、ずっと過ごしてきたからね。

 水曜も木曜も「学校も学童も楽しい」という感想。

 そのうち、イヤなこともあるだろうし、勉強が始まってからも楽しいって言うかどうかは分からないけど、ま、一安心。

 心配性&不安症の娘は、登校することすら大変だったりしてた(4年生からは大丈夫っぽい、今年5年生)から、普通に学校に行ってくれるだけで私はうれしいよ。
 なんだか泣けてくるくらい本当にうれしい。

 息子の様子に、娘の方もいい影響を受けていると感じる瞬間(一瞬だけど)があるし、これから穏やかな学校生活(親も)になればいいなぁと強く願っている。
posted by KON at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

整理整頓

 息子が16日に卒園した。

 年中からの途中入園。
 春休みや夏休みなどの長期休みを差し引くと、実質1年4か月ほどの園生活だったのではないだろうか。

 途中入園ということで、たった一人の新参者となった息子は、園生活になじめるのか、友達が出来るのかと心配だったが、入ってみれば何ということはない、みんな、ちゃーんと仲間に誘ってくれて世話を焼いてくれて、登園するのがイヤになることも友達とトラブルが起きることもなく、大変穏やかな園生活を送らせてもらった(親的に)。

 自宅で、息子が卒園式で歌う歌を口ずさんだり、セリフ?を喋ったりする様子を見て、ちょっとウルっとしたりしていたので、卒園式ではそりゃあ泣くだろうと思っていた私だったのだが、卒園式当日は何と、椅子に座りながらウトウトが止まらなかった。
 超ヒンシュク。
 親としてあり得ない?

 ほぼ記憶に留めることなく卒園式が終わってしまいそうな気配漂う中、卒園証書を受け取るために壇上に上がる園児たちの名前を読み上げる先生の涙声が響き、ようやく復活。
 無事?園児たちの姿に感動できた私だった。
 …式の半分くらいは意識がなかったかな…、ゴメンネ、息子よ。

 今はまだ、幼稚園の黄色いランドセルや、連絡帳など見るにつけ、ちょっぴり寂しい気持ちになっている。

 卒園してホッとしたことと言えば、これからは幼稚園のイベントを把握する必要がなくなるということ。
 小学校と学童のイベントを押さえておけばOK……まぁ、押さえてないけどね(^^;

 あっちの予定、こっちの予定、娘の予定、息子の予定、…私の頭では整理・把握が大変厳しい。
 忘れないようにカレンダーに予定を書き込み、配布されたプリントは机に広げたままにし(詳細が分かるように)、大事なコトを取りこぼしたりしないように気をつけている(つもり)。

 ただ、プリント類が半端ない枚数なので、片づけ下手な私は、いつも収拾がつかない状態に陥ってしまっている。

 自分が子どもの頃、こんなにプリントって多くなかったよね?
 今はコピーするのも簡単だし、「学校や園の様子をしっかり家庭にお知らせしなくては」という先生達の頑張りから、プリント類が充実しているんだと思われる。
 お知らせが足りないと、父兄から苦情が行くのかもしれないな。
 「ここの園(学校)は、どういうことをやっているのか全然分からない。不安だ」みたいな。

 丁寧にやってくれているわけなので、とてもありがたい話で、問題視するべきなのは、私がちゃんと片付けられない&整理できないという点なのだが…、分かってはいても身に付かないと言うか実行が伴わない。
 まぁ、45年間出来ていなかったことが、今さらちゃんと出来るようになるかよって話。

 今年、小学5年生になる娘も、片づけられない&整理できない人。
 私を見て育ったからなのか?

 でも、息子はそうでもないような…。

 性格的なもの?
 娘は、私のだらしなさを遺伝子レベルで受け継いじゃった? 
 
 似てほしくない部分が似ちゃったなぁ、アハハハハハハ。
 って笑ってられないか…。

 旦那さまに尻を叩かれ&はっぱをかけられながら、部屋の中を片付けた。
 まだ途中ではあるが、ちょっぴりサッパリ&スッキリしたかな。

 娘、息子、そして私自身、新年度もこの状態が維持できたらいいが…。
 いやいや、維持できるよう『整理整頓』の文字を壁に掲げ(学校か!)努力することをここに宣言する。
posted by KON at 15:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

とびだしちゃったよ、どうぶつの森

 気がつけば、3月。
 日が沈む時間が遅くなり、お天気のいい日には春っぽいなぁと感じたりもする今日この頃。
 今日は息子の誕生日だ。

 ブログの更新が気になりつつも放置したら、2月は一度も更新せずに終わってしまった。

 娘に催促されながらも、お雛さまも飾らずに3月3日を過ぎ、『片づけるのが遅いと婚期が遅れると噂のあるお雛さまを、飾ってもあげなかった不届き者な我が家には、一体どんな怖いコトが待っているのか』と、チラと思ったりする。

 そんなに忙しい毎日を送っているわけでもないのだが、息子の卒園式、学童入所、入学式といったイベントに向けて、何となく気持ちが落ち着かず、あれはどうしたか、これは大丈夫か、あれもやらなくちゃ、こっちを忘れてた…ってな具合で、ちょっとずつイライラがふくらむ。

 まぁ愚痴っても始まらないのだがな。
 一つずつクリアすれば、いつの間にか前に進んでいるものなんだから、いま目の前にあるコトを頑張るのみ。

 さて、いつも通り、ゲームのことでも書いとこうかな。

 前回のブログでは、「修理に出したWiiUが帰ってくる」と書いた(覚えてなかった)。

 帰ってきた翌日に、またフリーズしたような気がしたのだが、んー、勘違いだったかもしれない。
 モンスターハンターのタイトル画面で固まって操作不能になり、息子が「また固まった!」と騒ぎ出し、私も「あららホントだよ。いくらなんでも怒っちゃうよ!」なんてことがあったのだが、それ以降、一度もフリーズ症状は出ていないから。

 前は、酷使していると言っても過言ではない使用状況だった。
 WiiUは過労死しかけていたのかもしれない。
 ストレスが大きすぎてフリーズ症状が出てたのかもな。
 ゴメンネ、WiiU。

 最近の娘と息子は、WiiUより3DSで遊んでいる時間が多い。

 娘は「とびだせ どうぶつの森」オンリー。
 家や村を充実させたり、アイテムをゲットしたりすることはもちろんだが、友達とローカル通信するのが楽しかった様子。
 友達がアパートに遊びに来たり、遊びに行ったりして通信していたのだが、この頃はインターネット通信を覚えてしまった。
 友だちが教えてくれたそうだ。
 お互い自宅にいながら、画面ではそれぞれの分身が動き回っている、その様子を初めて見た時、娘は歓喜の雄叫びを上げていた。

 正直言って私は教えたくなかった。
 遠く離れた友達といつでも&いつまでも遊べる状況というのは、ゲームを切り上げるタイミングが難しい。

 今さら通信するなとは言わないが、とりあえず、やるべきコト(とくに宿題)を片づけてから遊んでくれたらと思う。

 娘たちを見ていると、文字チャットにずいぶん慣れ、会話のやり取りが早いことに感心する。
 やっぱり今どきの子なんだね。
 携帯を持つようになっても、ずーっと操作してんのかな。
 …なんか怖いな。

 息子の方は、最近は、誕生日プレゼントにもらったばかりの「Newスーパーマリオブラザーズ2」で遊んでいる。
 なかなかスターコインが増えず苦労しているらしいが、どんどん進んではいる様子で、遊びやすそうな印象。
 プレゼント翌日に、巨大クッパを3DSの画面の中に見た時には、もうラストなのか?とビックリした。

 息子のもう1つのお気に入りは、娘と同じ「とびだせ どうぶつの森」。
 娘がクリスマスに「どうぶつの森」をゲットして遊び始め、しばらくは、お姉ちゃんの村に居候する形で遊んでいた息子だったのだが、「遊びたい」「今はダメ」「貸して」「貸さない」のやり取りが増え、うんざりした私は息子に「自分で買ってしまえ」と言ったのだった。

 もともと「お年玉でどうぶつの森を買うんだ」と言っていた息子だったのだが、他に欲しいのもあるから後にしようかなと先送りしていた。
 限りあるお金をどう有効に使うべきかと息子は考えていたわけなのだが、「貸して」「貸さない」のケンカに、どちらの言い分も分かって逆にイライラした私は、「買え」という決断をしてしまったのだった。
 自分のイライラ解消最優先の安易な選択で申し訳ない…。

 息子はダウンロード版を買い、お姉ちゃんのようにはいかないものの、洋服の絵をデザインしたり、欲しいアイテムをゲットしたり、なかなか楽しそう。
 お姉ちゃん同様、インターネット通信で、お姉ちゃんの友達やそのお兄ちゃんと一緒に遊んだりもしている。

 ビックリなのは、息子も文字チャットしていることだ。
 「とびだせ どうぶつの森」で遊ぶようになってから、読める「ひらがな」と「カタカナ」がぐんと増えた。
 初めて「あみ」が読めた時など余程うれしかったのか、夢にも出たようで、笑いながら寝言で「あみ」と喋っていた。
 なんとも微笑ましい(^^)

 新しい住人(クマロスさん)が引っ越してきた時は、「新しい人が来たぁ」と大喜びしていた。
 が、次の瞬間、「いま、Reiくんのコト怒ったぁ。今日はじめて会ったばっかりなのにぃ」と、しかめっ面。
 やはり、微笑ましい(^^)

 「とびだせ どうぶつの森」は私も遊びたいのだが、果たして、いつデビュー出来るだろうか。
 きれいな新色も登場したことだし、今年こそは、自分の3DSをゲットするぜ。

 さいごに、ちょっとばかり、『風のタクト(ゲームキューブ版)』のアイテム、チンクルシーバーのことなど。

 風のタクト攻略本と風のタクトHPと『ほぼ日刊イトイ新聞』でチェックしたのだが、ゲーム途中で手に入るチンクルシーバーというアイテムは、ゲームボーイアドバンスがあることで便利度&楽しさがぐーんとアップしたそうだ。
 ゲームキューブのコントローラーとゲームボーイアドバンスとで、2人の協力プレイも出来たと言う。

 きっと、WiiUでもそのアイテムは登場するんだろうと思うわけなのだが、その場合には、ゲームボーイアドバンスに替わるのは3DSなのではと思ったりする。
 WiiUのゲームパッドと、協力プレイ用に3DS。

 WiiUのモンスターハンターでは、3DSの人と一緒に狩りに行けているのだし、風のタクトでもどうでしょう?

 ↓ 風のタクトHP
 http://www.nintendo.co.jp/ngc/gzlj/index.html
 ↓ ほぼ日刊イトイ新聞「チンクルシーバー」
 http://www.1101.com/nintendo/zelda/10.html
posted by KON at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

風のタクト

 先週、ブログにも書いたが、WiiUをニンテンドーに送った。

 先週金曜日のお昼には、任天堂のサポートセンターから電話があった。

 わが家で起こったフリーズ現象を再現&確認するため、ずっと調査してくれていたようなのだが、どうやら再現しないらしい。

 まぁ、わが家でも、朝も晩も遊んでいた状況の中、フリーズしたのは4回/1ヶ月だけなのだから、そんなに簡単にフリーズしないというか、本当に稀なコトなのかもしれないし、そもそも本体の問題ではなく、やっぱり操作のタイミングとか、ケーブルに問題アリという可能性もあるかもしれない…。

 WiiUは3〜5日程度で帰ってくることになった(先週金曜時点の話なので、今週半ばには帰ってくる予定)のだが、そのまま送り返されても不安&心配だろうという配慮により、新しい本体に取り換えられることになった。
 中のデータ等は、極力元と同じ状態にして送ってくれるらしい。

 「100%同じにとは確約できない」とサポートセンターの人は申し訳なさそうだったが、別に気にしない。

 戻らないものは戻らない、しょうがないことだ。
 一生懸命対応してくれた、それだけで十分……欲を言えば、ゲームの進行履歴はあって欲しいが…。

 去年の暮れには、息子の3DSの充電機能の不具合も修理してもらってるし、本当にサポートセンター様様。
 度々お世話になります。

 話変わって、1月23日に放送されたニンテンドーダイレクト(WiiU)の話など少々。

 放送があることを知らず、私が見たのは2日後。
 任天堂のサイトを見て、「あれ?放送あったんだ」と気付いた次第。

 見てない人はサイトをチェックして、見てみることをおススメ。

 だって、気になる情報、うれしい情報、たっぷりだもん。
 ピクミン3、毛糸のヨッシー、スマブラ、キャンペーン価格のバーチャルコンソール(駄菓子かと突っ込みたい30円)等々、もうウキウキワクワクな情報満載。

 楽しいねぇ♪
 買うソフトは限られるし、どんなに面白そうなソフトが目白押しでもどれもこれも買えるはずがないことも分かってるけど、ドキドキしちゃうねぇ、情報見てるだけで十分うれしいねぇ(^^)
 (…お得意様には程遠い私だな)

 四捨五入で50才になっちゃうような年齢だけど、子どもが私の相手を嫌がらないうちは、一緒のゲームタイム(遊んでるのは子どもだけで私は見てる方が多いけど)をせいぜい楽しみたい。

 放送で一番「おおおっ!」と思ったのは、待ってましたの『ゼルダの伝説』情報!

 新作についての情報はなかった(開発中だって)ものの、『ゼルダの伝説 風のタクト(GC)』が秋に遊べるとのお知らせに歓喜。

 ゲームキューブは遊んだことがない。
 でも、『風のタクト』の人気が高いことは知っている。

 トワイライトプリンセスで遊び始めた頃(2年位前?かな)、YouTubeで攻略動画を検索していると、『風のタクト』動画もよくヒットした。
 「これ見たい」と言う息子と一緒に、トワイライトを放ったらかしで、他人がゲームしている『風のタクト』動画を、よく眺めたものだ。

 当時まだ3才だった息子は、暗い&怖い雰囲気のトワイライトプリンセスとは全然違う、可愛いキャラクターと優しい柔らかい色合いの『風のタクト』をとても気に入って、物語を楽しむように、YouTubeにアップされた動画をずーっと延々うれしそうに眺めていたっけ。

 夢幻の砂時計や、大地の汽笛で遊ぶようになってからは、私も、3頭身の可愛いリンクをテレビ画面で遊べるのは『風のタクト』だけなんだなぁと、残念に思っていた。
 残念すぎて、ゲームも出来ないのに攻略本を買ったほどだ(絵本感覚でページをめくったよ)。

 その『風のタクト』がリメイクされて、WiiUにやってくる。

 Wiiのバーチャルコンソールに、ムジュラの仮面と時のオカリナがあるのに『風のタクト』が無かったことから、絶対にWiiUで登場すると期待はしていた。

 期待通り!

 期待を裏切らない任天堂さん、ありがとう!

 ゲームキューブで遊んだファンの方の中には、キレイになった画面が「いや、こうじゃない」とか、チューニングされるという操作性も「いや、そうじゃない」と思う人がいるかもしれないが、多くの人は好意的というか肯定的だろうと推測する。

 早く遊びたいなぁ。

 …今年1年生になる息子は、文字が読めるようになっても、『風のタクト』で、まだ私を必要としてくれるかなぁ。
 いや、私を混ぜてくれるって約束しないと、ソフトは買わないもんねー(買っても教えないもんねー)!

 ま、とりあえずは頑張って働いて、お小遣い貯めます!!
posted by KON at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

WiiUフリーズ

 今週初めにWiiUを任天堂に送った。

 本当は先週のうちに送る予定だったのだが、週末帰ってくる旦那さま(平日は単身仙台)に、「週末帰ったら(息子と)モンスターハンターで遊んでやりたかった(遊びたかった)」と言われ、息子にも「(ニンテンドーランドで)もうちょっと遊びたいなぁ」と言われ……。

ピクミン

 送ったら2週間くらいは戻ってこないんだと思ったら、強行する気になれず、1週間先送りになったのだった。

 昨年12月に我が家にやって来たWiiU。
 大変楽しく遊べている。
Mii
Mii
Mii

 旦那さまはモンハンオンリーだが、WiiUでモンハンする息子に、3DSLLで一緒にクエスト参加。
 娘も入って3人で狩りに行ったりすることもあったりと、見ていても、協力クエストは、なかなかに楽しい。
モンハン

 WiiUもゲームソフトも、いいお買い物だったと思っている。

 ただ、買ってから1ヶ月の間に、4回ほどフリーズした。
 Wiiの時には経験がないことだ。

 本体を起動し、登録Miiが登場し、何ら問題ない様子なのに、ゲームを起動しようとした時に、ゲームのタイトル画面で固まって動かないという現象。
 音楽は流れるが、操作不能。

 そして、一番問題なのは、本体の電源を長押ししても、電源が切れないということ。

 苦渋の決断、電源ケーブルを抜く!

 電源を入れ直して、それでも動かなかったということはないのだが、電源が入った機械の電源ケーブルをブチ切りなんて、何とも恐ろしい、恐ろしすぎる、本体が壊れるんじゃないかとドキドキする、心臓に悪い。

 たぶん、操作のタイミングか本体に問題有り?

 ソフトの問題じゃないと思うのは、フリーズしたのが、何か特定のソフトで遊ぼうとした時に限らないから。
 ニンテンドーランド、モンスターハンター、タンクタンクタンク。

 毎日遊んでいて4回フリーズしただけ…、ま、頻発とまではいかないが、1ヶ月の間に4回って決して少なくない。

 本体の更新はされているようだ(自分ではよく分かっていないが、たぶん)。
 何か対策を講じられるのであれば自分で何とか対応したい。
 が、何をどうすればフリーズという現象を引き起こさずに済むのか分からない。

 まだ補償期間なのだし、下手に壊してしまう前に「任天堂さんにお任せるのが最善策」ということで、サポートセンターに送ることを決断した次第(決断て、ちょっと大げさだけど、2週間くらい戻ってこないんだから、やっぱり大ごとなのだ)。

 サポートセンターの指示で、WiiU本体とニンテンドーランドを送った。
 本体はサランラップで巻いた。(そういう指示だったのだが、傷を防ぐためかな)
 郵送中に破損しないように、念入りにクッションシートでも巻いた。

 任天堂さーん、うちのWiiU、どうですかぁ〜?

 体調バッチリになって機嫌良く戻ってきてくれると信じて待っている。

 さて、WiiUから話は変わって、娘とDSソフトの話を少し。

 娘は小学4年生。
 算数の授業では、少数や単位変換、面積の計算などもあるわけなのだが、いまいち分かっていないような分かっているような、微妙な感じだ。

 例えば、1リットル=1000ミリリットル=10デシリットルという基本的な部分は覚えていたとして、80ミリリットルは何デシリットル?、1.05リットルは何ミリリットル?なんていう具合になってくると、同じ問題をやっても答が合っていたり間違っていたりして、どうも怪しい。

 変形した図形の面積なども、引いて考えるとか、足して考えるとかのイメージが、まだ苦手な様子だ。

 面積の単位にはヘクタールやアールなんて、「私だって使う機会ない」って思ってしまうものも登場して、その単位変換や計算などは正直私もやりたくない。

 使う機会が多い少ないに関わらず覚えろっていうことなんだから、やりたくないとも言っていられず、ようは慣れて「なんだコレ?」から抜け出せればいいわけなので、似たような問題を作って、ひたすら娘にやらせている。

↓こんなの
お手製プリント

 おかげ様で問題を作っている私の方は理解度アップ。
 が、娘の方はパッとしない。特に単位変換。

 …参ったね。

 お手製プリントを渡されて、いちおう答を書いてはいる娘だが、「間違っていると言われたら、少数点をずらして書きなおそう」的な適当さが見え隠れして、時々イラっとする。

 自分で問題を作ってみたら、理解度が深まるかもしれない(自分がそうだから)と思ったが、正解が分からないのではダメなわけで、んーどうしようかなぁと思っていたところに、いいモノを発見した。

 任天堂DSiウェアのラインナップにある「ニンテンドーDSi電卓」200円也。
 →http://www.nintendo.co.jp/ds/dsiware/titlelist_200_0906.html

 ファミコンマリオ仕様、どうぶつの森仕様の電卓や時計を、前から可愛いなぁと思ってはいたのだが、紹介文をよく読んでみると、これが意外に使えそう。

 電卓に、単位換算という機能があるのだ。
 普通の電卓を渡されたら使う気も起きないだろうが、今一番遊んでいる「どうぶつの森」仕様となれば、娘が気に入らないわけがない。

 今まさに、娘にキャッチー♪な商品。
 
 問題を解くのに電卓を使われては困るが、自分の出した答えが合っているのか間違っているのか、いつも自信なさげで、こちらからのダメ出し待ちでイヤになっている様子の娘なので、『自分の答は間違っていない!』という確認が自信につながればいいなと思う。

 電卓のついでに、時計もダウンロード。
 これまた可愛い♪
 アラーム機能に、どうぶつの森で聞きなれたメロディが3曲用意されているのもうれしい。

 息子には、ファミコンマリオ仕様の電卓と時計を入れてあげる約束。

 ひらがなは、まだ4分の1も読めていない息子だが、数は好きなようで、簡単な計算をやりたがり、今朝は、娘のどうぶつの森電卓を使って、足し算遊びなど始めていた。
 好きでやってるんだから、どんどん遊んで知らぬ間に計算が得意に、さらには算数得意になってくれたら、もうけもんだなぁ(期待を大きくし過ぎ?)。

 WiiUも3DSも、せいぜい活用しなくっちゃ勿体ない。
 とりあえず、娘には、どうぶつの森電卓活用で、自分用のプリントを作らせてみようと思っている。

※残念なことに、どうぶつの森電卓の単位換算に「アール」と「デシリットル」の単位がなかった。
 惜しい、ホントに惜しい。それだけ使わない単位ってことなのか…。
 覚えなくてもいいじゃんって子どもが思いそうだ。
 出来ることなら追加して、バージョンアップ版を出してもらいたい。
posted by KON at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

遊ぶ宣言

 WiiUが発売されて3週間。

 もっと前から家にあったような気がするのは、それだけ遊んでいるからだろうか。

 とは言っても、毎日遊んでいるのは子どもらで、発売を心待ちにしていた私が遊んだのは、まだ4回ほどだ。

 発売当日、WiiUとニンテンドーランドを買いに行ったのはお昼過ぎ、遊び始めたのは夕方だった。

 姪っ子を誘い、娘、息子の3人で遊び始め、ワイワイと盛り上がる3人の輪の中に私が誘われる事はなかった。

 子どもが寝静まってから遊ぼうかと思っていたが、Wiiゲームデータの移行作業に手間取り、夜遅くまでかかってしまった。
 (引っ越し作業を頑張るピクミン達に癒されたから、いいんだけど)
01.jpg
04.jpg

 翌日は、もともと姪っ子を預る予定になっていたこともあり、やはり、娘と息子と姪っ子の3人で大盛り上がり。
 子どもがゲームに慣れるのなんて、本当にあっという間だった。

 手慣れた子どもの中に遅れて入っていく気にはなれず&子どものテンションの高さにもついていけず&誘ってももらえず、ずーっとゲーム出来ないでいた。(夜は眠くて起きていられず)

 実は拗ねていた私である。

 12月半ばになり、息子が水ぼうそうで幼稚園をお休み&娘はまだ冬休み前で学校という時になって初めて、「スーパーマリオ」とニンテンドーランドの「ルイージのゴーストマンション(お化け役)」で遊んだ。

 表向きは冷静、でも本当は、とてもドキドキしていた私(〃^^〃)

 マリオ、ほぼ初体験。
 ファミコン時代からマリオを見ているにも関わらず、遊んだ覚えが全くない。

 走る、ジャンプするという、ただそれだけのことすら難ありな私なので、本当はゆっくり慣れていきたかったのだが、ちょっと大変そうという場面では、息子がすぐに抱え上げて移動してくれて、全然慣れること出来ず…と言うより慣れる必要なし。

 溶岩の所など、ずーっと息子に運ばれて、そりゃ息子はその方が安心だろうし、水ぼうそうで痒いのを意識しないで過ごしていられるんだから好きなように進めてもらって結構とは思ったのだが、正直言って、ちょっと有難迷惑というか余計なお世話というか…。

 あまり遊んだ実感ないままに、スーパーマリオは進行したのだった。

 ゴーストマンションの方は、「捕まえないでね」という息子のお願いを無視し、大人げなく、しっかり勝利!
 だってさ、私だってさ、楽しんでゲームしたいっちゅうの!
 …楽しいって言うのは、勝つってことだよね(^^;

 一昨日。
 水ぼうそうになった娘(息子が水ぼうそうを発症してから、きっかり2週間後に発症した。感染してから発症するまで約2週間の潜伏期間があるそうだ)が旦那様の実家にお世話になっていて留守。

 お姉ちゃんに相手してほしかった息子は、仕方なく(失礼な話だ)私とゲーム。

 「これはムズカシイからママ、ムリでしょ。これもムズカシイでしょ、これも…」と息子はブツクサブツクサ。
 その通りかもしれないが、ちょっとムカつく。

 リモコンだと私には操作が難解になってしまう(いや、十分シンプル操作なんですけど)ので、ゲームパッドを預けてもらって、「ピクミン」のオリマー担当。

 初ピクミン♪だったが、ゲームパッドは、タッチペンでひたすら液晶画面をタンタンタンタン叩いていれば何とかなるので、私でも遊べた。

 娘と息子ペアでクリアできていなかった所もクリアして、新しい敵とも対峙。
 息子もちょっとテンションUPで喜んでくれて、私もうれしい(ホッ)。

 「マリオチェイス」(鬼ごっこ)もやってみたのだが、わずか40秒ほどで捕まってしまった。
 何なの、あのヨッシー2匹は。
 何度も何度も体当たりされて吹き飛ばされて、ムカつくったら。

 息子には「ぶつかった時は待っててあげるから」なんて言われて、その気遣いがさらにムカつく。
 なめてないで、本気でかかってこいやぁ……って、すぐ負けるんだけど(^^;

 しばらくして息子が3DSで遊び始めた(ペーパーマリオ、楽しいそうだ。3-4?まで進んだらしい。amazonの評価が散々だから、実は心配していたのだが一安心)ので、ずっと気になっていたヨッシーの「フルーツカート」で一人遊んでみた。

 娘や息子が遊んでいる様子を見ながら、これは私でも出来そうじゃないかと密かに思っていた次第。

 実際やってみると、自分のペースでやれるのが、実に愉快。
 思っていた通り、結構イケル。

 ステージ12を1回ではクリアできず&ステージ13は全然ダメでゲームオーバーになってしまったが、初プレイで銀のトロフィーをもらった。
 ご満悦。

 横で見ていた息子はと言えば、最初は応援してくれていたのだが、私がいきなりトロフィーなどもらってしまったことは、あまりうれしくなかった様子。
 …ま、そんなもんさ。

 昨日の朝も出勤前に30分ほど「フルーツカート」で遊んだ。

 また最初のステージから始まったことにはブーイングだったが、途中にワープゲート(名称不明)が登場し、いくつかのステージを飛ばしたりもできて、あっという間にステージ12。

 慎重にコースを練って、ステージ12を一発クリアするも、ステージ13はすんなりとはいかず、またもゲームオーバー。

 悔しい!
 再チャレンジ。

 途中はワープ、ワープ。
 (ワープすると、その分点数が増えないことに後から気付いた。簡単なステージで点数を稼がなくてどうする、もったいない)

 気合いを入れてチャレンジし、ステージ13をクリアすると、その後も運良く(腕が良いと言うより運が良かった)スイスイ進めて、気づいたら全ステージクリアになっていた。

 「おめでとうございマス」なんて、案内役のモニータさんに言われて、気分は上々。

 新しいステージが追加されたらしいので、仕事から帰って、また張り切って遊ぼうと思っていたのだが、「一人でしか遊べないじゃないか」と息子に抗議され、昨日の夜は「ピクミン」と「ゼルダ」で遊んだ(協力プレイ)。
 息子はメトロイドがお気に入りらしいのだが、私的には難しい印象。
 もうちょい慣れたら参加検討。

 ゲームは、対戦するより協力プレイの方が、私は楽しいな。
 勝ち負けを気にしなくていいからね。(やっぱり、負けてばっかりじゃ気分が腐る)

 ゲーム進行具合はと言えば、「ピクミン」はオオムカデをクリアできず、「ゼルダ」はステージ6で苦戦中。
 思うように操作できず、すごくもどかしい。

 とくに「ゼルダ」は、どんどん勝手に前進する&敵を次々退治していかないといけない仕様で、集中していないと、あっという間にダメージが増える。

 私は、ステージをただ徘徊するだけのお散歩モードが欲しかったよ…。

 まぁ、自分の下手さは置いといて、幾つか遊んでみての総括意見「やっぱり楽しい!」

 同じソフトを遊んでいる人たちのコメントが見られたり、たくさんの見知らぬ人のMiiがウロウロしているのを眺めたり、その人たちのメダルやトロフィーの獲得状況が分かったり、色んなサービスがとってもナイス。

 各ゲーム内に用意された先のステージを遊べるよう、もっと上手になるべく頑張って遊びたいと思っています♪

↓ 任天堂HP
http://www.nintendo.co.jp/index.html
posted by KON at 06:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

ママ、ショック

 今週土曜日は、幼稚園の発表会。

 自分担当のセリフを言ってみたり、歌ってみたり、毎日一生懸命&楽しみにしている様子の息子。

 そんな姿を見ながら、成長したなぁ、結構まじめさんだなぁと思ったり。
 そして、しみじみと「あぁ、幼稚園生活も後少しなんだなぁ」「来年春には小学生なのかぁ」と感慨深くなる私。

 発表会の日には感動するんだろうなぁと思っていたら、息子がこんなことを言った。

 「ねぇ、ママぁ。
  REIくん、発表会の練習ぅ、一生懸命やってるでしょ?
  いっぱいぃ、頑張るからぁ、発表会の時ぃ、泣いてね」

 え?
 泣いて…って、感動して泣けって強制?

 息子「うん、涙、流してね」

 いや、たぶん泣くかもと思っていたけど、「涙、流してね」って、なんか妙な感じ。
 「頑張ってるみんなの姿を見て、パパやママたちが涙を流しちゃう」なんてことを、先生が言ったのかな。

 去年の発表会は、ちょっと落ち着きのない感じだったけど、年長さんの今回はどんな姿が見られるだろうかと、本当に楽しみにしていた。

 風邪薬など処方されて飲んでいることもあり、発表会の日に休むようなことだけは避けたいと、多少早めの就寝を心がけたりもしていた今日この頃。

 でも、そういうタイミングで何か起きるもんなんだよね…。

 昨日の夜、息子が「痒い」と言いながら首元(鎖骨のあたり)を掻きむしっていた。

 そんなに掻いたら傷になるよ…って、見たら、もう傷になっていた。

 傷というか、何か湿疹のようなモノの表面が穴ぼこになり、血がにじんでいる。
 搔きむしったからか、潰れたからか…。
 それも、1、2、3、4、5個!

 なんじゃ、こりゃ!?

 服を脱がせて体をチェックすると、背中にも2個。

 それに、もしかしてコレも同じ仲間なのではと思う、小さな湿疹があちらこちらにあり、大事なおチンチンにも1個!

 何かイヤーな感じなんですけどぉ…。

 首元に目立ったのが集中していることもあり、もしや、これは飛び火なのではと思ったりもしつつ、今朝、皮膚科に連れて行った。

 そして、出された診断は「水ぼうそう」!

 えっとぉ、水ぼうそうって、感染するやつですよねぇ。
 もしかして、幼稚園、行けない?

 って言うか、2日後の発表会、参加出来ないってことですか!?
 
 もう大大大ショック!!

 体に水泡がある間は感染するんだって。
 かさぶた状にならないとダメなんだって。

 ひどい人は、頭(髪の毛の中)にも水泡が出来るんだってさ。そりゃ大変だ。

 息子は、これから症状が体全体に広がるのかも。こりゃ大変だ。

 水泡が出来て、痒くて、発表会に出られなくて、息子本人が一番辛い&悲しいのだろうが、私は自分のショックが大きすぎて、実は、息子どころじゃない(ひどい母親)。

 お医者さんの話を聞きながら、頭の中は発表会での息子の雄姿を見られないことばかりがグルグルグルグル。
 あんなに毎日一生懸命に練習してたのにぃ…。

 帰りの車を運転しながら、泣けたきた。

 何かが残念で泣けるほど悲しいって、こんなに気分が落ちたこと、あったかな。

 REIくん、ママは違う意味で、涙、流しちゃったよ。

 夕方、幼稚園の先生から電話をいただいた。
 「一生懸命、頑張っていたのに」って、先生も残念がってた。
 「金曜に劇的に改善して全部がかさぶたになるようなことがあったらイイね」って。

 まぁ、無理って分かってるけど、本当にそうなったらいいなって神に祈る。

 前もって、発表会での劇の衣装で写真を撮っているって聞いて、それがせめてもの慰め。

 残念だったなぁって気持ちが落ち着いた頃、今度は娘の方が水ぼうそうになるかもな。
 10才だけど、まだ罹ってないから。

 こちらも、従兄の誕生会&クリスマス会の頃に発症して参加出来ず…なんてことがあり得そう。
 神様、サンタクロース様、せめて、クリスマス会が終わって冬休みに入ってからの発症にして下さい。
 それか、今今すぐの発症にして下さい。
 お願いします(祈)。
posted by KON at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

バカだから踊っちゃった

 いよいよ明日は、WiiUの発売。
 
 新しいものが手に入る時というのは、どんなモノであれ、うれしい気分になるものだが、こんなにもウキウキと心弾ませて楽しみに待っていたのは、いつ以来だろうか。

 WiiUの予約受付が開始される前日には、ネット上で「品薄」「品切」を懸念する書き込みを多数目にし、かなり不安になった。
 実際、amazonではあっという間に受付が終了したようで、大いに焦った。

 受付開始日の10月6日は、息子の幼稚園の運動会。
 朝からバタバタし、当然ながら予約どころではなく、ゲームショップに予約しに行ったのは午後。

 予約が出来なかったら、年内入手は難しいということなんだろうかと心配していのだが、店頭にてWiiUプレミアムパック(モンハン付)と、ニンテンドーランドと、スーパーマリオを無事予約。

 それから2ヶ月、本当に長かった。
 ちょっと大げさに言うと、「心焦がれる」って感じ。

 待っている間には、任天堂のサイトをチェックしたり、amazonをチェックしたり。
 商品情報、予約受付状況、価格など、チェックしていた次第。

 WiiUにお金がかかってしまう(4年間、コツコツ貯めてきたDS用小遣いなのに、DS以外のところに使うことになるとは…)ことに気を取られて、ちょっと失敗したのが「とびだせ どうぶつの森(3DS)」の予約。
 WiiUと同日?に予約開始で、躊躇してしまった(ゲームばっかりって、また旦那さまに言われちゃうかなぁと思って)のだが、これが大間違い。

 売れ行き好調だろうとは思っていたが、予約が始まってから数日は、amazonでは4,000円をきった価格(定価4,800円)で予約を受け付けていたし、WiiUの予約をしたばかりなのに「どうぶつの森」もというのは気が引けて、いつ予約したものかとタイミングを伺っていた私だった。

 が、予約不可となってからは、amazonでもオークションでも高値高騰。冗談じゃないよ&ふざけんじゃないよ状態。

 子ども2人が、サンタさんに「どうぶつの森」をお願いすると言っていたこともあり、もう後悔しまくり。
 何故、早くに予約しなかったんだ。(私のバカー!)

 もしクリスマスに間に合いそうもない場合には、ダウンロード版という手もあるかと思い、「ダウンロード版の方が、カセットを持ち歩かなくていいし、無くさないし、3DS本体さえ持っていれば、いつでもどこでも遊べる」と子どもに売り込んでみたが、反応薄し…。
 私自身、ダウンロード版の方がいいと思いつつも、サンタさんからのプレゼントとしてはどうなんだという気持ちもあり……あぁテンション下がる。

 任天堂の岩田社長が、「順次出荷して皆様の手元にお届けできるように」というようなことをコメントしていたので、必ず定価以下で買えると信じて、毎日のようにamazonの予約状況を確認。
 まだ11月だったこともあり、気長に待った。

 待った甲斐あり、12月2日出荷分の予約開始に遭遇。
 大急ぎでamazonで手続きを始めるも、途中で品切れに…。
 同じようにチェックしている人、いっぱいいるんだなぁ、トホホ。
 あぁ、支払方法ごときで悩んでる場合じゃなかった。もっと手際よく手続きしないと!

 それから間もなく、12月9日出荷分の予約開始。
 もう、次へ、次へ、次へとボタンを押しまくり。
 クレジット払いでもなんでもいい!
 おかげ様で、無事に予約完了。3,891円也。

 予約完了後も、まだ予約は受け付けていたので、もう1個…と思ったのだが、数量制限がかかっていてダメだった。

 1個予約出来たら出来たで、悩みは続く。

 どうしよう、娘と息子、どっち分をゲットしたんだ…。
 どちらに割り当てればいいんだ…。

 年に一度の楽しいクリスマス、自分が欲しいモノをサンタさんが持ってきてくれなかった…なんてことにはしたくないが、定価以上で買うような愚かなこともしたくない。

 仕方ないので、息子に「どうぶつの森もいいけど、ペーパーマリオもいいんじゃない?どうぶつの森は売れ過ぎちゃってダウンロード版のカードしかないみたいよ。サンタさん困ってるらしいよ。ペーパーマリオなら、サンタさんも探しやすいんじゃないかな」と悪魔のささやき。

 「んーどうしようかなぁ」
 しばらく悩んだ息子の答は、「ペーパーマリオにする」

 !?
 ヤッホーイ!

 息子は「どうぶつの森」をお年玉でゲットする気らしい。
 果たして、その頃には、すんなり買えるような状況になっているんだろうか。

 息子に「ペーパーマリオだよね」と念を押し、即効、amazonで「ペーパーマリオ」を予約。

 昨日発売だった「ペーパーマリオ」は、すでに発送され、今日にも到着する。
 良かった、良かった。
 安心、安心。

 と思ったら、昨日の夜、息子が「なくさないようにダウンロード版がいいかな」なんて言った。

 思わず「はぁ〜っ?」

 「(ふざけたコトを言うな)サンタさんがくれるモノを、ありがたくもらっとけ!(怒)」
 すでにカセットを買ってあるとは言えず、静かに腹を立てていた私である。

 さてさて、WiiUに話を戻そう。

 amazonで再び予約を受け付けているので、もしやアパートから近いショップでも買えるんだろうかと思い、昨日、問い合わせてみた。(10月5日時点では、そのショップは、まだ予約を受け付ける予定になっていない、これから検討という話だった)

 すると、発売2日前にも関わらず、予約OKだと言う。
 しかも、すでに予約済みのショップより、ちょびっとだけ安い。
 (実は、amazonの方がもっと安い)

 家から近いショップの方が、これまでも利用しているし、これからも利用しやすいし、ということで、申し訳ないが鞍替え。
 まぁ、私がキャンセルしたところで、他に買いたい人はいるだろうから、痛くも痒くもないだろうが。

 WiiUのプレミアムパック(モンハン付)とニンテンドーランドを予約し、スーパーマリオはamazonで予約。

 数百円の違いでamazonを選択するのは、セコいんじゃないかと思わなくもないが、ちょっと浮いた分で保護シートとか買えたりするじゃん。
 お金は大事よ、ホント。
 1円を笑うものは1円に泣くの!

 で、近くのショップに予約に行った際、私は見てしまった。

 店内には、「とびだせ どうぶつの森」がズラズラズラーっと大量に並んでいたんである。
 まさに、衝撃映像!

 さすがに、ほとんど値引きはされていないようだったが、そんなことは問題ではない。

 オークションやらamazonでの高値高騰は一体どういうことなんだ。
 あるところには普通にあるのか。
 ネットの情報だけ見ていると、現実が見えないということなのか。
 ネットの情報に振り回されているということなのか。

 そう言えば、思い当たることがある。

 クリスマスプレゼントにソフトだけでは寂しいと思い、「とびだせ どうぶつの森 村のくらしをはじめようブック」という880円の雑誌を付けてあげようと考えた。

 ネットでは品薄状況で、やはり高値高騰。

 それが12月18日に再版されるということでamazonでも予約を受け付けていたので、近くの書店に取り寄せの電話を入れた。
 すると、どうだろう、「店頭で販売しております」との回答だったのだ。

 え?今あるんですか?
 …普通に驚いたよ。

 怖いなぁ、ホント、怖いなぁ。
 ネットの情報だけで、雑誌は品切れ状態だと思い込んでいた自分が怖いなぁ。

 ネットの情報はもちろん便利だけど、リアルにも行動して自分の耳で&目で確認するコトも大事なんだなぁ。
 活用できてこその情報なのに、踊らされたらバカを見る。

 今更ですが、大変、勉強になりました!


 ↓ 任天堂(社長が訊くは必読、オススメ)
 http://www.nintendo.co.jp/index.html

 ↓ ほぼ日刊イトイ新聞(どうぶつの森の記事、楽しいよ)
 http://www.1101.com/index.html
posted by KON at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

ありがとう

 息子が「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」で遊んでいる。
 先ほど、パチンコをゲットした。

 パチンコ?…今さら?

 そう、パチンコ。
 なぜなら、2日前についにゲームをクリアして、辛口モードで再スタートしたから。

 「鳥のゼルダ、やっていい?」
 そう言って、登園前の息子が久しぶりに「スカイウォードソード」を始めたのが、2日前(朝)のことだった。

 「支度しなくちゃいけないし、園バス来るし、あんまり時間ないよ」
 時計が気になりながらも、「せいぜい頑張ってくれたまえ」と内心思っていた私。

 少し経ってからテレビをのぞいて見ると、のんびりと平和な音楽、平和な画面。
 魔王様のところへ向かっている様子はなし。

 やっぱりね…そう思っていたのだが。

 「ママ、Reiくん、今どこにいると思う?」

 「さぁねぇ、どこだろうかねぇ」

 「ジャーン、最後のボスのところでーす」

 おおぉっ!
 やる気になった、ボス戦!?

 「攻撃、当たってまーす。まだハート減ってませーん」と、得意げな息子の声。

 およよよよ、もう戦ってたのね。
 急ぎ、テレビの前へ座る。

 たしかにハートはしっかり残っている。
 魔王様に攻撃も当たっている様子だ。

 「あれ?今回もクスリは飲んでないの?」

 「うん。まだ飲んでない」

 へー、それにしちゃ、なかなかいい感じなんじゃない。

 余計な口出しをするつもりはないが、ただ、前回みたいな終わり方はイヤだな。
 勝てないまでも、登園前にグズグズにならないような終わり方をしてほしいものだがな…そんな風に思いながら見ていた。

ゼルダの伝説

 クスリがなくても、しばらく持ちこたえていたのだが、徐々に魔王様の攻撃をまともに食らう回数が増え、ハートが見る見る減り始め、とうとうヤバーイ状況に。
 ハートの残りが少ないよ!

 走りながらポーチの中のムテキンVを取り出す。
 急いで、急いで!

 背中から攻撃を受けて、無様に何度も吹き飛ばされ、ついにハートが残り1個!?

 やばい、やばすぎる(焦)

 クスリを飲む動作と同時に吹き飛ばされ、あー今回もこんな終わり方かぁ…そう思った次の瞬間、リンクがむくっと起き上がり、思わず「おぉ?」と声が出てしまった。
 間一髪、クスリが間に合った。

 すかさず、息子は回復の赤いクスリを取り出し、即効飲む!

 ハートがボコボコボコッと復活。
 キラキラキラァなエフェクトのかかったハートがずらずらっと並び、ほっと一息。
 あぁ、何て美しいハートだろう(〃^^〃)

ゼルダの伝説

 これでしばらくはダメージを受けない。
 ハラハラせずに見ていられる。

 途中、ファイから「盾の破損率拡大。要注意」という警告。
 「えー?盾がなくなったらヤバイじゃん」そう言いながら、盾の自動修復を待って逃げ回る息子。
 必死に走って息が切れるリンク。

 ダメージを受けないんだから、逃げずに攻撃をまともに食らってても良かったのではと思わなくもない。

 ダメージを受けないのなら盾で防御する必要がないのではとも思ったのだが、防御しないと『吹き飛ばされて立ち上がる』の繰り返しが増えて、時間がもったいないかもしれない。
 クスリの効果が切れる前に決着しなくちゃいけないんだから、無駄な時間は極力減らさねば。

ゼルダの伝説

 稲妻を剣に受けとめ、魔王様との攻防戦。

ゼルダの伝説

 何度か魔王様が倒れこみ、とどめのマークが表示されるも、なかなか、とどめをさすことができず、何とももどかしい。
 何度「とどめ!」と叫んだことか。

ゼルダの伝説

 ふと、「あれ?とどめってどうやるんだっけ??」…。
 息子にボス戦をまかせていたんでね、すっかり忘れてしまった私である。

 そして、ついに、ついに、とどめをさし、息子勝利!!

 「やった!」
 思わずガッツポーズ!

 が、「ママじゃないよ。Reiくんが倒したんだよ」と冷静な息子の一言に、握ったコブシが宙を泳ぐ。
 そんなこと言われなくたって分かってるっつーの…(--;

 魔王様を倒し、あとはエンディングに向けてのムービーに見入る。
 (エンディングのことを書いてしまうので、ゲーム進行中の人は読まないことを推奨)

 魔王様の剣がアップになって消滅するシーンで、ギラヒム様を思う。
 アップにしたのは、ギラヒム様へのレクイエム?

ゼルダの伝説

 封印される魔王様。
 その最後の言葉に、ゼルダの伝説は、これがすべての始まりなんだなと改めて思った。
 魔王様の怨念が何かしらの形でよみがえる時に、リンクやゼルダも、時代に呼ばれて転生し続ける。
 それが、色んな時代で「ゼルダの伝説」が生まれる理由。
 …任天堂さんも、うまく理由付けしたな(って、それを言っちゃつまらない)。

 使命を終えて長い眠りにつこうとするファイが言う。
 「あなたと旅した全ての記録はファイのなかで最も重要な情報として記録されています」
 「あなたと旅路を共にしたこの剣の中で…マスターソードの中で眠れる事に説明の出来ない思いを覚えています。おそらく、これが人の言う感情…喜びというものなのでしょう」と。

 本来、表情も感情も持たないファイ(何故、ギラヒム様はあんなに表情も感情も人間くさかったんだろう?)。
 ファイの静かな表情は最後まで変わることがなくても、思い出と一緒に眠れる事をうれしく思っているのだと、そして、これが別れなのだと思うと、朝から泣いた。

 最後のファイの言葉。
 「ありがとう」
 「いつかまた、あなたの魂と共に…」

ゼルダの伝説

 これから先のゼルダの物語の中でも、ファイはリンクと共にある剣として、何度も一緒にいたのかな。
 すべてのゲームの中にマスターソードが登場するかどうかは知らないけど、勇者リンクが誕生する時にはファイも目覚めていたのかな、目覚めを待っているのかな。
 そんな風に思うと、切ないな。

 「スカイウォードソード」、面白いよ。

 鈍くさい私と5才の息子のペアでクリア出来てしまったコトを考えれば、物足りないと思ったファンもいたのかもしれないけど、私は本当に楽しかった!
 私みたいに戦いに不向きな人も、誰か一緒に旅してくれる人がいたら、絶対楽しめる。間違いない!
 
 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」に出会えて良かった。遊べて良かった。
 息子は、ストーリーが理解できるようになってから、また遊ぶべし。(遊ばせるべし)

 他人に自分の好みを勧めるのは怖いが、恐れず言おう!
 オススメだ!
posted by KON at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。